トレーニング中「自分に負けるのだけは悔しい」と思うあなたへ

限界を迎えてからの3〜4回が筋肉を成長させる。自分を追い込むことに耐えられるかどうかが、成功するかしないかの分かれ道だ。ほとんどの人にはこの気持ちがない。どんなことがあっても突き進め

アーノルド・シュワルツェネッガーのこの言葉が思い浮かんできたのは、自分の限界を超えることをサポートしてくれる、このフィットネストラッカーを知ったから。

自分に妥協することなく
徹底的に追い込める

今までのフィットネストラッカーといえば、ただ走った時間や歩数を記録するだけのもの。ワークアウトが終わったときに初めて、今日の調子が良かったかどうかが分かるかたちでした。つまり、妥協しようと思えば手を抜ける状態。

だけど、Moov Nowの特徴は運動中に過去の自分と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれること。

ランニングであれば、時間や距離はもちろんのこと、足の着地角度や体重のかかり方、歩幅まで測ってくれるようです。これらを総合して、自分のパフォーマンスがどの程度のレベルなのかも伝えてくれます。例えば、画像では「12kmを約1時間で走ったらレベル18」。

自分のレベルを元に、トレーニングをしている最中、記録が過去のものに劣っているかどうかをAIが判断し、アプリを通して声をかけてくれる仕組みになっているそうです。要するに、自分のイヤホンから限界を超えるように促す声が聞こえてくるのです。

「トレーナーが厳しすぎる」という意見が相次ぎ、今では少し優しくなっているとのことですが、本気でワークアウトをするなら、元のままの方が良かったと個人的感想。

Licensed material used with permission by Moov
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
私たちの筋肉をつくりあげるのはたんぱく質。となれば、ワークアウト後はとにかくお肉を食べればOK……とはいかないのがヒトの体の構造。筋トレのあとにオススメの...
ほぼ毎日と言っていいほど、ジムに通っている僕。「今日は胸の日」「明日は背中の日」といった具合に、その日ごとに鍛えるパーツを決めて重点的に筋トレをおこなって...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
心温まる動画をご紹介。
アメリカで人気を博しているボクササイズが日本にも上陸しました。ここで紹介するのは、そのトレーニングを自宅でできるようにしてくれるパンチングマシーン。見た目...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
巷には、ダイエットに関する様々な情報があふれています。どれを信じていいのかわからない…なんて人も、少なくないはず。ここでは、中野ジェームズ修一さんの著書『...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
「Waff」は浮き輪のようなトレーニンググッズ。このエクササイズが効果的かつ楽しそう!
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
女性なら誰もが憧れる、ぷりっとしたお尻の作り方をお教えします。米フィットネストレーナーのAlex Hurwitsさんが「Elite Daily」で紹介して...