ランニングで痩せたいなら、絶対に守るべき「5つのルール」

巷には、ダイエットに関する様々な情報があふれています。どれを信じていいのかわからない…なんて人も、少なくないはず。ここでは、中野ジェームズ修一さんの著書『世界一やせる走り方』より、効果的にやせるために守ってほしい「5つのポイント」を紹介します。

01.
筋トレ→有酸素運動の順番を守る

how-to-run5

適切な筋トレによって、筋肉中の乳酸濃度が高まり、成長ホルモンと同時に「ノルアドレナリン」という物質の分泌が促されます。このノルアドレナリンこそ、脂肪分解の役割を担う酵素、リパーゼを活性化させる役割があるのです。したがって、筋トレの後に有酸素運動を行ったほうが、その逆よりも分泌量がアップするのです。また、効果をしっかり出すには、順番だけでなく、筋トレの内容も重要。下半身なら大筋群を使うスクワット、上半身なら胸や肩に加え、全身の筋肉も使う腕立て伏せがオススメです。

02.
どれだけ機械で揉んでも
脂肪は減らない!

how-to-run5

世界一やせる筋トレグッズがあるとしても、それは寝たままでいいという“ブルブル系”ではありません。なぜなら、脂肪というのは電気を流しても、どれだけ揉んでも減らないからです。「低周波や磁気にかけたら、あるいはクリームを塗ったら皮下脂肪が減った」という話で、信憑性の高いデータも、私は見たことがありません。すなわち、“ラクな運動=消費カロリーが低い”という意味でもあります。自分の力で身体を動かさなければ、いつまでたても体は引き締まりません!

03.
ランニングマシンは
天気に左右されない強い味方

how-to-run5

ジムに通っている人はランニングマシン(トレッドミル)を利用しましょう。これは、誰でも簡単に効果よく脂肪燃焼でき、天気にも左右されない強い味方。走り方の好みに合わせて、運動の強度やスピードの調節が簡単にできるのもひとつのメリットです。「ゆっくり走りたいけど、心拍数が上がらない」なら、傾斜をつけて、「傾斜は苦手だけど、スピードアップはいける」場合は、スピードを優先して設定しましょう。

04.
月に2㎏以上の減量はNG!
徐々に体重を落としていく

how-to-run5

「中野さんがパーソナルトレーニングを担当している人は、グングン体重が減るんでしょうねぇ」と、言われることがよくあります。これは大きな誤解。私のクライアントには最もダイエットが成功しやすい、月に1〜2㎏(最大で体重の5%)程度のペースでの減量を指導します。1ヵ月に体重の5%以上の減量は、脂肪とともに筋肉も落ちる確率が高く、しかもリバウンド率まで8〜9割にハネ上がってしまうからです。

05.
目標体重を達成しても
油断は禁物

how-to-run5

人間の体には元々、恒常性(ホメオスタシス)という機能が備わっています。これは体温や血圧、血中のホルモン濃度など、脳が適正と判断した“セットポイント”と呼ばれる数値を維持しようとする力のこと。たとえば、長年、体重80㎏だった人が70㎏まで落としたとします。目標体重を達成したからといって、油断してはいけません。なぜなら、脳は80㎏が適正だと固く信じているので、脳の指令による欲求に流されたら、体型を維持できないからです。

世界一やせる走り方
コンテンツ提供元:サンマーク出版

中野ジェームズ修一/Nakano James Shuichi

フィジカルトレーナー・フィットネスモチベーター。エクササイズフィジオロジスト・運動生理学士。アディダス契約アドバイザリー。日本では数少ない、メンタルとフィジカルの両面を指導できるスポーツトレーナー。トップアスリートに対して、やる気を高めながら肉体改造を行うパーソナルトレーナーとして数多くのクライアントを持つ。現在は福原愛選手や大学駅伝部のトレーナーも務めながら、講演会なども全国で精力的に行っている。

手軽に有酸素運動ができるエアロバイクは、おうち時間が増えて運動量が減ったという人にオススメのトレーニング機器。今回は宅トレに最適なオススメの「エアロバイク...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
運動初心者にもおすすめの、自宅でできる話題のトレーニング「HIIT(ヒット)」。ランニングより効率よく脂肪を燃焼できる秘密や、やり方、ルールなどを人気パー...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナのダイエット効果の有無をハッキリさせるべく、疑問をぶつけた。
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
海外まで行ってクルーズの旅を楽しんできたら、思わぬ発見!船の外周デッキで走って汗を流す。それでいて、着替えや休憩、食事に困らない。まるで、海を一緒に動く“...
プロコーチによる指導付きのビデオを見ながら、お手軽ボクササイズが自宅で楽しめるスマートアイテム、「Fight Camp」のご紹介。
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
利用金額の一部が「首里城再建支援金」として寄付される「沖縄限定デザイン タリーズカード」の販売を全店舗で!
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
ジョギングが趣味だという人は、「健康的な生活をしたいから」「痩せたいから」など様々な目的を持っていることでしょう。理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
食べないダイエットはゆっくり太っていく。痩せるために大事なのは、自律神経のバランスを整える食事で燃焼と休息のメリハリをつけること。ワッフルやパンケーキが大...
「Kickstarter」で目標金額5000ドルの倍以上資金を集めた、大人気のカトラリー収納ポッド「Hookee Knife Guard」。その一番の特徴...
今までトイレットペーパーホルダーを気に留めたことがあるだろうか?じつは大いなる創造力を活かせる素敵なフィールドだったことに気づかされる展示が開催中。
最近どんどんと女性解放が進んでいるサウジアラビアでは、ランニングやサイクリングなどで使える運動用アバヤが販売されています。
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。ということで、消化器の内視鏡専門医である平島徹朗さんの著書『「健康力」に差が...
9月4日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Ghost Pacer」は、AR機能を搭載したランニング...
ランニングを日課にしようとする人が、つい陥りがちな間違った思い込み。こんなことでやせる効果が半減したり、せっかくのやる気が削がれてしまうのはもったいない!...
筋トレをムダにしない「ワークアウトめし」紹介します。
頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...