ワークアウトを続けられない人は、必見。自主的に運動するための8つのアイディア

先日、体重がマックスになった。もう、運動を再開するしかない状態だ。で、これまでの自分を振り返ってみると、ワークアウトを続けるコツは確実にあると感じた。運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。

そんなことを考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Berbariの記事に出会った。彼女もワークアウトに関しては、僕と同意見だった。少しのアイディアで「やらなきゃいけない」から「朝起きて早くワークアウトクラスに行きたい」という気持ちへ切り替わるのだとか。

ワークアウトを続けられない人は、必見!

#1
嫌なことには
「YES」と言わない

99e39fce8a9046cfdba73e600bba146f7c683315

正直、やりたくない運動に時間を費やすのはどうでしょう。流行してるからとか、友達がやっているからといってあなたに合っている運動であるとは限らないはず。

嫌と分かっていることに「Yes」というのを止めたら、運動に対する見方も変わる。さらに、やりたい運動をすることが楽しみになるはずよ。

#2
最高のプレイリスト作り

20f7f685057e86604e101ac760ca1a80612c9d33

あなたにもジムで大好きな曲が流れはじめた瞬間、一気にやる気が起きた経験があるでしょ?

2013年のある研究によれば、好きな音楽はムードを高めてくれるから、運動を楽しくさせてくれるだけでなく、自分がやっているアクティビティへの自意識とつながりを感じさせてくれるみたい。だから、時間をかけて最高のプレイリストを作れば、自ずとワークアウトだってパワーアップすること間違いなし。

 #3
友達を誘う

A7b591a9093cd522b0127536e89b391798af1b69

汗をかくのが苦手なあなたなら、運動仲間を集めるといいかもしれない。パートナーは一緒に責任を持ってくれるし、健康面でも競い合いができるし、何よりも運動を楽しいものにしてくれるから。しかも、ちょっと怠けたら、お尻を叩いてくれるだろうしね。

#4
いつもの環境から
一歩踏み出す

9af315bc083d5aa4504e807572871b15f8d5667a

いい感じで運動して、ジムの設備だって快適そのもの。でも、ずっと続けると、いつものルーティンがつまらなくなったり、単調になってきてしまうこともありがち。いつもの環境から一歩踏み出すことで変化をもたらし、新鮮な気持ちで運動を続けることができる。

私は、絶対にズンバをやるようなタイプではないと思っていた。でも、いざ腹をくくってやってみたら、いつものワークアウトから欠けていたのはダンスだったと気づいわ。

#5
経過をしっかり観察する

32096e4cbe7c12b81a50d54583dacbba155fb417

たまに自撮りしたり、日記をつけるのもいいけど、自分のエクササイズの経過をしっかり記録するとモチベーションが保てるようになる。自分の成長を毎週みるとほんとうに自分に満足できるもの。

たとえば、数ヶ月前はとても軽いダンベルではじめたけど、今はもっと重いのに変わっていたり。あるいは、足を鍛え続けた成果で、お尻回りに変化を感じられたりね。

とにかく、成果を記録する癖をつければ、かいた汗もたくさんの洗濯もやった甲斐があったなと思えるから。 

#6
休む日を一日増やす

Bf157c2361cb5b418444843f4accda36d7d22ad1

身体を休める日はとても重要よね。

だって、筋肉、神経、そして、骨だって、運動の負担から回復する時間が必要だから。もしかしたら、休む日を一日増やすことで、身体が回復すれば、次の運動だって楽しみになるかもしれないじゃない?

#7
好きなレギンスを履く

30b71b18c6b97a7c0b55040d4962492293b643a4

とても感触のいいレギンスを身にまとったり、女性としてレベルアップさせてくれるスポーツブラを身に着けましょう。自分に自信を持たせてくれるトレーニングウェアは、気持ちをとてもアゲてくれるよね。

#8
自分にご褒美を

6c0c82efc31e79c22e22ec52630eb0fbaa05f757

もし、ジョギングに行くのが億劫だったり、腹筋前に戸惑ってしまったら、パーっと自分へのご褒美をあげる。

ろうそくを立ててゆっくりお風呂に入るといった小さなご褒美でもOK。小さなご褒美でも気持ちに変化をもたらし、笑顔で運動をやり遂げるパワーになるはず。

あるいは、ジョギングの帰りに一番好きなカフェに立ち寄ったり、一ヶ月間、自分の運動スケジュールからぶれなかったご褒美に友達とディナーに出かけてみたり…。

だってさ、毎日自分のためにやっていることなんだから、ご褒美はもらって当然だよね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
ストイックにでなければいけない、強度を上げたら落としてはいけないなど、エクササイズをする上で勘違いしていることはないだろうか?この記事には、あなたが感じて...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
アメリカを代表するトップアスリートの食事を覗いてみたら…。
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...