ウェイトを一切使用しないワークアウトグッズ

通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出すワークアウトグッズ「Tonal」。一切の無駄が省かれたデザインは、とってもミニマル。つまりは自宅用にピッタリ!

レップ数やセット数も自動でカウントしてくれて、限界がきたら全力を出し切れるように負荷を減らしてくれます。まるでパーソナルトレーニングを受けているような感覚ですね。

さらに、ディスプレイではハウツーを説明してくれる動画も再生されるので初心者でも安心。お値段は約33万円とかなり高めですが、パーソナルトレーナーをつけることを思えば、長期的にはオトクかも!?

63888209121116165457624170496000
Top image: © Tonal

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」で世界の“今”を知ろう!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
私たちの筋肉をつくりあげるのはたんぱく質。となれば、ワークアウト後はとにかくお肉を食べればOK……とはいかないのがヒトの体の構造。筋トレのあとにオススメの...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...
アメリカで人気を博しているボクササイズが日本にも上陸しました。ここで紹介するのは、そのトレーニングを自宅でできるようにしてくれるパンチングマシーン。見た目...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
アメリカを代表するトップアスリートの食事を覗いてみたら…。
ストイックにでなければいけない、強度を上げたら落としてはいけないなど、エクササイズをする上で勘違いしていることはないだろうか?この記事には、あなたが感じて...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...