「ワークアウトが続かない…」と嘆く人が捨てるべき誤解6つ

月曜日から働きつづけて金曜日の夜になった時の開放感といったら、サイコウ!ですよね。そこで友人や同僚とご飯にいくと、ついつい飲みすぎたり食べすぎてしまったりして。

「いいや週末運動しよう」と焦り実行したとしても、3日坊主になってしまっては同じことが起きた時、また罪悪感を感じてしまうのでは?

というわけで、参考にして欲しい「Elite Daily」の記事がある。Annakeara Stinsonさんが、運動を続けるために捨てるべきマインドセットを紹介している。あなたが続けられないタイプだとしたら、「ワークアウトとはこうあるべき」という勝手な思い込みを抱いているからかもしれないということ。

01.
まずはしっかりとした形から

「ワークアウトはこうあるべきだ」と定義づけていたとしたら、全部忘れてしまおう。ワークアウトに「こうあるべき」というハッキリした形なんてないのだから。

運動中に自分がどう見えようと、どのレベルでやっていようと、しっかりおこなえればそれで良いのだ。

私だって、運動中は、汗まみれのゴブリンに見えるに違いないし、長い時間をかけておこなうものだと覚えるのに時間がかかる。ヨガのポーズもそう。でも、それで良いと思う。自分のペースで動いて、あなたが心地よいやり方で実践していることが大切。

02.
ガチでやらなきゃいけない

どのようなワークアウトにも、精神的なメリットがあるのかもしれない。しかし、ストイックすぎて常に負荷がかかるものだと、ストレスになる可能性があるという事が証明されている。

週5回ものバイクエクササイズや強度が高いインターバルトレーニングを定期的におこなうことは、体にとって最善ではないかもしれないのだ。人によっては歩く方が向いているかもしれないし、ダンスや空手、ロッククライミングの方が良いという可能性も。

03.
立ち止まってはいけない

あなたはやっとジョギングを10分間続けられるようになったとする。でも、そのルーティンを無視して5分間に戻してしまったとしよう。でも大丈夫。自分を責めないで。1度成し遂げた経験があるのだから、きっとまた10分間走り続けることはできる。

休んだり、スランプに陥ったり、1度や2度試してやめてしまったからといって、今まで積み上げてきたものがなくなるわけではない。身体に良いことをしよう思いやってきたからこそ、自分にあう方法とあわない方法が、今までよりは理解できているはず。その知識は、すぐに消えるものではないのだ。

途中で休憩したり、ダンス中につまずいたって、すべてプロセスの一部であり、前進していることを忘れないように。

04.
ある程度行わなければ
意味がない

ワークアウトには人それぞれのやり方があるもの。ある研究では、1日30分(ないしは週5日)適度に身体を動かすことが、健康面で最もメリットがある方法だとしている。

でも、忘れてはいけないのは、歩きやストレッチなどといった「簡単な」動きも含んでいいのだということ。徐々に積み重ねていくものだということもね。

誰が何と言おうと、太極拳を試したり、近所で早朝ウォーキングをすることだって価値あるワークアウトなのだ。自分に合った身体の動かし方というのは人それぞれ違うもの。

05.
自分だけのルーティンを
確立しているべき

これまでの人生、1度もルーティンを持ったことが無い人もいるかもしれない。無くても気にしないで欲しい!ルーティンをつくりたければ、いろいろな方法があるのだから。YouTubeを見たり、レッスンを受けたり、マットを広げて自分に合うストレッチ方法を見つけることから始めてもいい。

06.
時間の無駄づかい

私はライターなので頭を使う時間が多く、いろいろなことを考える。仕事をしたり友達と出かけたりもするから、ワークアウトする時間がないと言い訳することは簡単だ。

でも、私の場合、もしかしたら“ダンサーの血”が騒ぐからなのだろうか、身体を動かすだけで幸せを感じることができる。だから、動かないということはそもそも考えられない。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
斧型ワークアウトグッズ「The Chopper」の紹介。
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
自分だけのワークアウト用プレイリストを作成してくれるサービス「Soundtrack Your Workout(サウンドトラック ユア ワークアウト)」がデ...
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
2020年5月6日に販売開始予定の「Forme Life」は、AIが搭載されたスマートスクリーンだ。映し出されるのは、ボクシングやヨガのトレーナー、インタ...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
「ナイキ」がスタートした自宅でできるワークアウトプログラム「The Living Room Cup」。課されるフィットネスを通じて、ナイキが契約するプロア...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
アダルトグッズで有名なあの「TENGA」からワークアウトグッズが登場した。マスターベーションしながらにして筋トレができてしまうステンレス製のダンベルだ。
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
アメリカを代表するトップアスリートの食事を覗いてみたら…。
筋トレをムダにしない「ワークアウトめし」紹介します。
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...