米トップアスリートの食習慣、ワークアウト前と後。

「腹筋はキッチンで、お尻はジムで、胸は病院で作られる」。アメリカにはこんな言葉がありますが、それだけお腹周りをコントロールするには食事管理が重要だと考えられているようです。

でもって食事管理がそのままパフォーマンスに直結する職種といえばアスリートたち。ここに紹介するのはアメリカを代表する3人のトップアスリート。彼らの運動前と運動後の食習慣を覗いてみると、意外にも日本のスーパーで手に入るような食材がズラリ。

Gear Patrol」ライターMichael Fynnの記事を紹介します。

01.
ロッククライミング
世界チャンピオン

4722225341005824

ワークアウト前:

起きたらまず白湯を飲み、それから朝食にはアボカド、卵、トーストを食べるようにしています。食べ終わったらアーモンドミルクを混ぜたカプチーノを飲み、消化に90分間ほど置いてからジムに向かいます。

ワークアウトは、だいたい朝の11時くらいからスタート。夕方にクライミングするときは、ご飯とチキン、それかピーナッツバターとバナナにベーグルなど。とにかくシンプルなものをお腹に入れてから出かけるようにしています。

ワークアウト後:

ワークアウトを終えて30分以内には、何かしか果物を食べます。もしもトレーニング中に水を飲み終えていなかったら、まずはそれを飲み干し、帰宅してあまり時間が経たないうちに野菜とタンパク質(魚もしくは鶏肉)、あとは何かしらの炭水化物を摂っています(だいたいは野生米)。

Sasha DiGiulian
(女性トップクライマー)

02.
ウルトラランナー

5281122187476992

ワークアウト前:

朝は、ライ麦トーストにナッツ(おもにアーモンド)バターとハチミツを塗ってバナナをのせて食べています。あとはコーヒーですね。この朝食は高エネルギーなので持久性もあり、トレーニングにも効果的なんですよね。

ワークアウト後:

アボカドをトーストに乗せたり、サラダに入れたり、あとはそのまま食べたり。とにかくアボカドがに目がない私。あとはビルトング(南アフリカのビーフジャーキー)。それから新鮮なフルーツジュースか回復スムージーにグルタミンを入れたりしています。

とてもきついトレーニングのあとは、レッドブルを飲みます。

Sandes Ryna
(ウルトラマラソンランナー)

03.
レーシングヨット乗組員

4724893321003008

ワークアウト前:

朝のワークアウトの1時間ほど前、ごく少量のオートミール、もしくはジャムを塗ったトーストを食べます。

あくまでも空腹感を感じないためのひと口なので、あまり量は食べず、消化にいいものを食べることを心掛けています。そうすればワークアウト中もお腹が鳴るようなことはありませんし、ちょっと長めのワークアウトがしたいときのために燃焼できるカロリーを摂っておくことも。

あとは朝にコーヒーを一杯飲みます。そうでなければ、カフェインと基本的な炭水化物が入っているワークアウト専用サプリメント(水に混ぜる粉末状のもの)を飲みます。カフェインはパフォーマンス向上にもつながるので、たっぷり利用することが私のモットー。

 

ワークアウト後:

カラダを動かした後30分以内にはプロテインシェイクを飲みます。ここでも水に混ぜる粉末サプリメントが効果的。少し体重を増やしたいときは、分量を倍にしてホールミルク、もしくはアーモンドミルクに混ぜます。

プロテインシェイクを選ぶときは、必ず十分のプロテイン、クレアチン、そしてBCAAが含まれているかどうかを確認します。もちろん美味しければ、なお嬉しいこと。家にいるときはそれにバナナ、ミックスベリー、ほうれん草、ピーナッツかアーモンドバター、もしくはアボカドのいずれかを適量入れて、混ぜ合わせます。そうするとスムージー(あるはシェイク)がとてもクリーミーになるんですよね。

とくに僕の場合、一定の体重を保つことが重要なので、ワークアウト後の食事はしっかりとカロリーが摂取できるものを選ぶようにしています。

Cooper Dressler
(世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」で活躍)

Licensed material used with permission byGear Patrol
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
私たちの筋肉をつくりあげるのはたんぱく質。となれば、ワークアウト後はとにかくお肉を食べればOK……とはいかないのがヒトの体の構造。筋トレのあとにオススメの...
関節を動かさずに、筋肉を鍛えるアイソメトリックトレーニングをサポートしてくれるグッズが「Active5」。内蔵されたセンサーで、どれくらいのプレッシャーを...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
ストイックにでなければいけない、強度を上げたら落としてはいけないなど、エクササイズをする上で勘違いしていることはないだろうか?この記事には、あなたが感じて...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...