2019年、ロンドンに登場予定のボルダリング施設にゾッとする

一瞬目を疑ってしまった。周囲にある高層ビルと同じ高さまで、命綱なしでガラス張りの壁をのぼっている女性。しかも怖がっている表情などこれっぽっちも見せていない…。

3817fec46e98eb59875f621a5fb95d6d12d1b775

これは2019年にロンドンに完成予定の大型オフィスビル「Twentytwo」内のイメージ画像。このボルダリングスペースは、62階建ての建物の25階につくられるジムに併設される。あくまでもイメージなので、実際にこうした景色になるかはわからないが、ワークアウトしながらロンドンのパノラマビューを堪能できるのは間違いないだろう。施設内で働く人は、ランチブレイクにふらっと行くこともできるようになる模様。

5d6d44e604cd4a4b0fc9e61edb72a7dc35886c80

このTwentytwoは「人々が働きたくなる場所」を目指してデザインされた。新鮮な野菜を売るマーケットやスパ、ギャラリーなど、ただの働く場所ではなく、人が集まって交流できるハブになるイメージだ。

プロジェクトに携わっているSir Stuart Lipton氏はこのようにコメントしている。

「我々はオフィスの役割が変化しているのを目の当たりにしている。今は、ただ人を収容するための場所ではなく、仲間同士を結びつけるハブになりつつあるのだ。カフェでは人を集めて考えをシェアしたりつなぎ合わせて、より良いアイデアや戦略を導き出したりね。Twentytwoは『真の社交場』になるだろう。これはまさに、私達が未来で働く姿だろう」

555f831262356ee35306cad946245000ee2e0800

日本も年々少しずつ労働改革がなされているように、海外でも「働き方」が徐々に変わりつつあるのだと感じた。海の向こうのロンドンでの労働事情が垣間見えるビル計画だ。

Licensed material used with permission by Twenty Two
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。