眠れる?世界でもっともエクストリームな「宿泊施設」がイギリスに誕生

イギリスで恐らくもっとも“エクストリームな体験”ができる宿泊施設がロンドンに誕生した。

自動車メーカー「Jeep」が発売する新たなモデル「Jeep Renegade」のローンチを記念して計画されているこの宿泊イベント。

利用者が宿泊するのは、なんと「O2アリーナ」地上76mの高さに取り付けられた吊り下げ式テントだ。

© theo2london/Instagram

なかなか一般の人の参加は難しいかもしれないこのイベントだが、宿泊にあたっては24時間対応してくれるコンシェルジュが付き、ディナー朝食も提供。また、テントにはレインカバーが付いており、極寒のなかでも快適に過ごせるように暖かい寝袋が用意されている。

またこの体験では、レストランでの朝食とディナーに加え、「O2アリーナ」の屋上ウォーク体験も含まれているようだ。

ロッククライミングなどで利用される吊り下げ式テントだが、都会において利用されることは滅多にない。同テントからは、テムズ川やロンドンの金融街として知られるカナリー・ワーフを見渡すことができるという。

このイベントは期間限定ということだが、高層ビルでの吊り下げ式テント......もしかすると今後流行るかもしれない。

Top image: © QQ7/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
12月5日、カルチャーが交差する下北沢にモノよりコトを重視するミレニアルズにぴったりの宿泊施設「illi Shimokitazawa(イリー シモキタザワ...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
「えんとつ町のプぺル」の世界観を再現した宿泊施設が、大阪・ミナミに誕生。
「城主になってお城に泊れる」宿泊プランを提供する愛媛県の大洲城が、4月24日よりグランドオープン。1日1組限定で1泊100万円で体験できる。
10月22日よりAirbnbもGoToトラベルキャンペーンが適用になりました。そこで今回は、Airbnbと協力して、おすすめの宿をピックアップ。泊まりたい...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
創業130年を超える老舗が作る利便性バツグンのスマート財布。2方向で素早く開閉できる「時短L字型ジップ」や、開けてすぐに取り出せる小銭入れの位置など、財布...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
「ホテルニューオータニ」は、睡眠とメンズコスメに着目した豪華で特別な宿泊プランを2020年2月29日までの期間限定で販売している。
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。