大胆予測:将来、ホテルから消えて無くなる10のもの

ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として、すでにベッドメーキングや掃除を有料サービスに切り替えているホテルも少なくない。

こうしてリストアップされたものを見ていくと、たしかに「これ必要ないかも」と思えるものばかり。特にコレ分かる!客室内の固定電話、要らないよね。

01.
ホテルの顔、フロントデスク

テクノロジーの進化は旅行産業においても日進月歩。とくに最新技術をフロンドワークに導入するホテルも多く、すでにマリオット・インターナショナルでは、5つのホテルにおいて、利用客が自らスマホを使ってチェックインや支払いを行う「Moxy」を導入。年内にはさらに36のホテルでの利用を見越している。

02.
客室のルームキー

もうカギをなくしたり、いちいちそれをフロントデスクで変えてもらう必要もなくなるだろう。1,150を超えるホテルを世界中に保有する、スターウッドホテル&リゾートでは、年内中にスマホによる室内キーの導入を検討しているそう。

03.
「喫煙可」の部屋

客室内での禁煙化を早くから導入してきた、ウェスティンホテル&リゾートとマリオットに追随するように、現在smokefree(禁煙)をポリシーに掲げるホテルが圧倒的に増え、もはやホテル業界におけるスタンダートとなりつつある。コンフォートインおよびコンフォートスイーツを母体とするチョイスホテルズインターナショナルは、所有するのべ1,800のホテルでsmokefreeを導入する、と最近公式見解を示したことで話題となった。

04.
チェックイン/アウトの
時間のしばり

一般的にチェックイン(15時)、チェックアウト(11時)が多いホテル業界。けれど、As You Stayのように、利用客が自らチェックイン/アウトの時間を指定できるサービスが増えてきたことを受け、ホテル側にも柔軟な対応が求められてきた。

たとえば、ザ パティナ キャピトル シンガポールやアブサロンホテル(コペンハーゲン)では、24時間いつでも可能だったり、チェックアウトが午後2時、3時というのも少なくない。ビバリーヒルズのペニンシュラホテルにおいては、「チェックインもアウトもお客様の思いのまま」、だとフロアマネージャーは強調する。

05.
ドロワー内の「聖書」

イギリス国内のホテルインディゴでは、すでに聖書を置くことを取りやめ、Kindleを設置。そこで電子書籍化された聖書が閲覧できるようにしているという。

06.
客室内の固定電話

あるアメリカのリサーチ機関によると、米国内でホテルが利用客の通話による平均収益は定かでないらしい。というのも2000年から現在まで、8割近いホテルが「通信収益のコストについて答えたくない」と辞退したという。

今さら理由を察するまでもないが、バンクーバーのオーパスホテルのように、すでに客室内を固定電話からiPhoneへと変更するホテルもあるようだ。

07.
毎日の室内清掃

環境への配慮から、近年ルネッサンスやマリオット、フェアフィールドホテルなどは、率先して室内清掃の有料化を進めている。連泊する利用客の掃除に入らない代わりに、メンバーシップポイントが貯まる仕組み。

08.
単なる「ベッド」から、
寝るという行為そのものまで

今の世の中、レストランも、クラブもバーも、たとえそれが会議室だったとしても、ナイトライフは充実していて、昔みたいに必ずしもホテルのベッドでひと晩過ごす必要もなくなってきているのかもしれません、将来的に宿泊できる部屋の数(つまりベッド)を増やすよりも、アメニティとしてプールやジムの増設という方が現実的かもしれません。

と、As You StayのCEOであり共同設立者Ofer Helfmanはこう読む。

09.
現金での支払い

アメリカ財務省の法令の話ではあるが、ビジネスにおいて、商品またはサービスへの支払いとして通過(現金)であることを求め法律の記述はまったくない。クレジットカードであれば、サービス内容にもよるが、たとえば利用客がホテルで何らかの損害を与えてしまった場合、カード会社がその保証をしてくれる場合もあるだろう。では現金なら?

メキシコのリゾートホテル、アシエンダ エンカンターダ リゾート&スパでは、すでに敷地内でのキャッシュレス化を導入している。

10.
利用客による評価基準

「Hospitality Business News」によると、主だったホテルはいよいよ顧客情報の共有化に興味を示しているという。これは、いわゆるクレーマーやマナーの悪い利用客の情報を互いに共有したり、警告するというディフェンシブ面でのメリットを感じてのもののようだ。

Licensed material used with permission by As You Stay
他の記事を見る
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。