テーブル席で飲食できないマクドナルド。ロンドンに登場

ロンドンの中心部を通るフリートストリートに、7月末、マクドナルドの店舗で“世界初”となるテイクアウト専門店が登場した。

近隣は新聞社や出版社などが数多く集まり、店内でゆっくりと食事をするといった需要があまりない地域だったことから、英国内のおよそ1200店舗のなかから“お持ち帰り専門店”の試験導入の場として選ばれたようだ。

McDonald'sの後ろにテイクアウトオンリーを意味する「To Go」がつく店内は、当然ながら座席はなく、タッチパネル式のセルフレジが並ぶだけ。ビッグマックやマックナゲットなどの定番商品はあるが一部メニューを減らし、支払いもクレジットカードのみと、こちらもスリム化。あとは日本の店舗と同じようにレシートに書かれた番号をボードで確認して商品をゲットする。

導入からまもなく1ヵ月。果たして「McDonald's To Go」の拡大はあるか?はさておき、日本で10月からの導入が決定し、各所で混乱を招きつつある軽減税率制度(テイクアウトは8%)の対応策のヒントになるのでは?

Top image: © Matthew Horwood/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...