エアロバイクで自家発電をしているジム「Terra Hale」

水圧式ローイングマシンやエアロバイクを使ったクラシックなトレーニングから、HIITやボクササイズなどの話題のフィットネスを体験できるパーソナルジム「Terra Hale」。すでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、人気を集めています。

なぜならジム会員がエアロバイクで自家発電をして、電気をまかなっているから。地球に優しい、ということで注目されているんですね。

他にもリサイクル素材からできたトレーニンググッズを使用し、使い捨てプラスチックは提供しないなどと、かなりエコフレンドリーにこだわっている様子。

アイデアとしては決して新しいものではないけど、本当に行動に移しているのが評価されているんでしょうね。発電をしているときのエアロバイクのペダルはかなり重い!?

©2018 Terra Hale
Top image: © 2018 Terra Hale
Reference: Terra Hale
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
マンハッタンのチェルシー地区にあるジム「Brrrn」の紹介。ここは室温が45°F〜60°F(約7℃〜約15℃)に保たれているんです。
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
今回は築地にあるパーソナルジム「BESTA」。月額3万円でパーソナルジムに通いながらセルフエステもできるお得なジムをご紹介!表参道にもオープン予定で流行る...
非常食は買って備えるだけでなく、日常から消費し、常に一定量を自宅に備えていくという方法を意味する「ローリングストック」。この記事では企業のローリングストッ...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
手軽に有酸素運動ができるエアロバイクは、おうち時間が増えて運動量が減ったという人にオススメのトレーニング機器。今回は宅トレに最適なオススメの「エアロバイク...
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
フランス・パリのエッフェル塔近くにあるスポーツ施設「Centre Sportif Emile Anthoine」のルーフトップにボクシングジムができました...
「タオル+プロ」は、ワークアウトをサポートする多機能タオル。ジッパー付きのポケットがあるので小物はそこへ収納できます。他にも、ジムユーザーに便利な機能付きです。
新型コロナウイルスの流行を受けて音楽の物理媒体の売り上げが低迷するなかでも、家庭でレコードをかけるという人は増えているようだ。ついに米国では、今年上半期に...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
このバスターミナルは屋根にソーラーパネルが設置されていて、ライトや電光掲示板、待合室の空調管理などに必要な電力を全て自家製でまかなえる。
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
理想通り、ううん、理想以上のナップサック。
自分を磨きあげるために泊まりたい、と思ったホテルの紹介です。名前は「Equinox Hotels」。北米で約100店舗ほどジムを展開している企業「Equi...
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
「GoogleITサポートプロフェッショナル認定」は、プロダクトマネジャーやデータアナリストなどの職に必要な知識や技能が学べるGoogle発の資格制度。コ...
総合格闘家・宇野薫氏がブランドディレクターを務める「ONEHUNDRED ATHLETIC」とフィットネスクラブ「ゴールドジム」がコラボしたアイテムが1月...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
アメリカのエアロバイクブランド「Peloton」のCMが炎上した理由を紹介します。
イギリスのバイクショップ「Death Machines of London」が、武士の甲冑をモチーフとした「KENZO」という名のカスタムバイクをリリース。
7月から9月にかけて、イギリスでは風力や太陽光、水力などの「再生可能エネルギー」による発電量が化石燃料による発電量を上回った。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。