エアロバイクで自家発電をしているジム「Terra Hale」

水圧式ローイングマシンやエアロバイクを使ったクラシックなトレーニングから、HIITやボクササイズなどの話題のフィットネスを体験できるパーソナルジム「Terra Hale」。すでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、人気を集めています。

なぜならジム会員がエアロバイクで自家発電をして、電気をまかなっているから。地球に優しい、ということで注目されているんですね。

他にもリサイクル素材からできたトレーニンググッズを使用し、使い捨てプラスチックは提供しないなどと、かなりエコフレンドリーにこだわっている様子。

アイデアとしては決して新しいものではないけど、本当に行動に移しているのが評価されているんでしょうね。発電をしているときのエアロバイクのペダルはかなり重い!?

6392924837249024
©2018 Terra Hale
Top image: © 2018 Terra Hale
Reference: Terra Hale
60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
理想通り、ううん、理想以上のナップサック。
BMWのデザインを手がけたキャリアを持つ工業デザイナーJosep Rubau氏が、新たに投下したのは、写真のヨット「RED SHARK」だ。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...
最近デートに退屈さを感じていませんか?もっと言えば人間関係が面倒くさいときはありませんか?つねに何かに“縛られている”現代社会において「ストレスから開放さ...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
運動は健康にいいなんて今や常識だし、ボディメイクだってもっとしっかりしたいし…そうは思っていても、ジムに行くのはお金も時間もかかるもの。かといって、家でエ...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
運動をしたいなら、家でゴロゴロしてしまうのでNetflixを見るべきではないというのは正解かも。だけど、それでもドラマや映画を見たいという人には朗報です。
一瞬目を疑ってしまった。周囲にある高層ビルと同じ高さまで、命綱なしでガラス張りの壁をのぼっている女性。しかも怖がっている表情などこれっぽっちも見せていない...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。