マンハッタンの超「クール」なジム

マンハッタンのチェルシー地区にあるジム「Brrrn」の紹介です。

ここではクロスフィットのような有酸素運動と無酸素運動を繰り返すフィットネスを体験できるのですが、室温が45°F〜60°F(約7℃〜約15℃)に保たれています。 寒いと思うくらいの環境でワークアウトをする方が、カロリーを消費しやすく、体の疲れもとれやすいのだとか。なるほど。

「Brrrn」のWEBサイトによれば、彼らが世界で初めての室温が低いジムだといいます。

つまり、ニューヨークシティで「もっともクール」なジムはココ!ってことですね。

©Brendan McCarthy
Reference: Brrrn
Top image: © Brendan McCarthy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
斧型ワークアウトグッズ「The Chopper」の紹介。
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
自分を磨きあげるために泊まりたい、と思ったホテルの紹介です。名前は「Equinox Hotels」。北米で約100店舗ほどジムを展開している企業「Equi...
屋外ドリップやキャンプでのコーヒー時間を充実させる「ドリッパースタンド」が「Makuake」で販売中。
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
人気書籍『ざんねんないきもの事典』と池袋「サンシャイン水族館」のコラボ企画「ざんねんないきもの展2」が、10月30日より開催される。
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
ニューヨーク・マンハッタンの再開発地区「Hudson Yards(ハドソンヤード)」に建てられた超高層ビル「30 Hudson Yards」。地上335メ...
あこがれの街。
「POSCA」を使ってゴッホの代表作「星月夜」をマスクに描くオンラインイベント「POSCAペイントパーティー」が10月3日に開催される。
暑い夏にぴったりの冷感インソールが登場! 靴内温度が30度を超えると自動的に温度を下げて適温に調節。その他にも、吸湿、散熱、抗菌、消臭の作用を持ち、炎天下...
ハドソン川沿いで今、ニューヨーク最大規模と言われる再開発が話題となっています。それが「ハドソンヤード」。注目を集める一方で、地元住民は複雑な思いを抱えてい...
ここで紹介する「Farm.One」は野菜を栽培する農場です。前身はサイクリングフィットネスが体験できるジムでした。ギャップがありますね。
「ナイキ」がスタートした自宅でできるワークアウトプログラム「The Living Room Cup」。課されるフィットネスを通じて、ナイキが契約するプロア...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。