アディダスの「100円スニーカー」の販売イベント、人が殺到して中止に

アメリカでは誰もが知っているアイスティー「AriZona Iced Tea(アリゾナアイスティー)」が、アディダスとコラボスニーカーを発表した。そのドリンクのほとんどが99セント(およそ100円)で販売されているため、スニーカーも99セントで売られることに……なっていた。

7月18日にニューヨークシティで開催される予定だった販売イベントには、始まる前から長蛇の列ができていたという。破格の安さであることが大きな理由かもしれない。ドリンクのラベルがスニーカーに落とし込まれている点も、ファンの心を掴んでいたのだろう。

ところが、販売イベントに人が殺到して、安全性を確保できないということで警察が出動。怪我人が出たため、やむなく同イベントは中止に。

まだ誰の手にも渡っていないが、すでにスニーカーを売買できるEコマースプラットフォーム「Stock X(ストックエックス)」では高額な値段がつけられている。

Top image: © 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
アディダスが、サステイナブルファッションを牽引するステラ・マッカートニーと手を組んだ「アディダス バイ ステラ・マッカートニー」のコレクションを発表。パー...
4月12日から、二週に渡ってアメリカのカリフォルニアで開催された野外フェス「コーチェラ・フェスティバル」。初日には、アディダスの新作シューズが「AirDr...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
イタリアで2014年に設立されてから、環境に負担のかからないスニーカーを展開してきた「WOMSH」。そんなブランドフィロソフィーを一番体現しているのが、ヴ...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
CONVERSE(コンバース)とCHINATOWN MARKET(チャイナタウンマーケット)のコラボスニーカーが発売され、即完売となった。紫外線を浴びると...
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
あこがれの街。