もしもアディダスが「Air Jordan」を作っていたら……

1984年にNBA選手マイケル・ジョーダンとのコラボレーションとしてNIKEが生み出した伝説的なスニーカー「エア・ジョーダン」。その爆発的な人気からバスケットシューズの枠を超え、現在までストリートファッションに大きな影響を及ぼし続けている同社の看板シリーズだ。

そこで、デザイナーThomas Lee氏が考えたのは、「もしもアディダスがマイケル・ジョーダンと契約を行っていたら」という架空の世界。

同氏がファンアートとして作成した「Adidas Air Jordan」が、スニーカーヘッズの間で大きな話題になっているらしい。

© tommyledesign / Instagram

公開されているのは、アディダスらしい近未来的なデザインに「ジャンプマン」のロゴが控えめに光るモダンな「エア・ジョーダン」。ソールにはアディダスのアイコニックなテクノロジーBoostが採用され、シューレースも排除された構造になっているのが確認できる。

ナイキによる「エア・ジョーダン」が持つストリート感は少し失われているようにも感じるが、もしこれが発売されたらかなり人気になるのではないだろうか……?

何れにしても、ファンアートに対してこれだけの注目が集まる「エア・ジョーダン」ブランドが、それだけ歴史的なスニーカーであるということは間違いない。
© tommyledesign / Instagram
© tommyledesign / Instagram
Top image: © 2020 Tommy Le
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事