住民の評判はイマイチ……
NY「ハドソンヤード」

ニューヨークのハドソン川沿いで今、同都市最大規模と言われる再開発が話題となっています。

それが「ハドソンヤード」。

28エーカー(約11.5ヘクタール)に及ぶ土地に、約250億ドルをかけたビッグプロジェクト。現在、開発の第一段階が終わったというところですが、おおよそ半分が完成しています。

六本木ヒルズのような
ニューヨークの新スポット

ハドソンヤード内にあるのは、巨大なインスタレーションであり展望台でもあるアイコニックなThe Vessellをはじめ、ハイラインと地続きのショッピングセンター、アートセンター、オフィスビルに高級コンドミニアムまでさまざま。

建物だけではなく、2015年にはマンハッタンとクイーンズを繋ぐ新しい地下鉄駅「34丁目−ハドソン・ヤード」が開業していて、ニューヨーク中、いや、世界中から観光客を呼ぼうというニューヨークの新スポット。

ハドソンヤードは、東京で例えると雰囲気含め、六本木ヒルズのような感じです。ショッピングセンター内のお店を見ると、カルティエやロレックスなどラグジュアリーブランドのショップが並んでいたり。カジュアルウェアブランドもあるのですが、入っているのはMadewellといったところ。

芸術に触れる場所としてもかなり力を入れていて、ショッピングセンター内のあらゆる場所にローカル・アーティスト達の作品が飾られていたりします。また、多彩な体験型インスタレーションが楽しめる「Snark Park」や音楽やダンスなどのライブパフォーマンスが行われる文化施設「The Shed」もあります。

でも……ここまでお伝えしたように、ハドソンヤードのどこもリッチな感じが漂い、相当の収入があればいいけれど庶民がどれだけ楽しめるのかは疑問。

注目されてるけれど
皆が好意的なわけじゃない

ハドソンヤードの再開発プロジェクトは民間企業が主導しています。

資金集めの際には、EB-5プログラムが採用されました。これは、資本投資や雇用創出などの条件を満たせば永住権を取得できるというもの。これ、裏にはグリーンカードを手にしたい裕福な海外投資家からお金を集めるのが目的……とも見られている制度。

そんな方法で資金集めまでして、急ピッチの開発を進めたハドソンヤード。できあがったのは所得に余裕のある人々ばかりが楽しめる場所。

富裕層だけがいるわけでもないNYCの地元住民からは「それって、どうなのよ?」という声も聞こえてくるのです。

私は数年前からこの地区に住んでいて、変化を強く感じているひとりです。

今までだと、週末はまだ寝ぼけた顔で歩く家族やジムに通う若者といったかなり「オフ」の姿をした住人を見かけていました。でも、最近はオシャレでかわいい人たちや観光客などを目にするのが多くなりました。

今後、ホテルや学校なども建つ予定で、全体の完成は2024年といわれています。お隣のチェルシーみたいに洒落たエリアになっていくのだろうなと思います。

家の近くに無印良品やユニクロがなどができてうれしい反面、どう変わっていくのか考えると少し怖い気も。

今後もどうなるのでしょうか……ハドソンヤード。

Top image: © 2019 Yuko Torihira
あこがれの街。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
大都市ニューヨークの中心地と言えば、マンハッタン。タイムズスクエアにエンパイアステート、5番街にブロードウェイなど、マンハッタン地区の魅力が詰まったこの映...
7月4日といえば、アメリカの独立記念日。そんな日に、マンハッタンのスーパーマーケットで万引きした女性がいた。通報を受けた警察官が駆けつけ、逮捕するのかと思...
この写真が撮られたのは、7月11日のニューヨーク。お天気は晴れのち曇りで最高気温は28度。何の記念日でもない普通の土曜日でしたが、この日の夕陽は特別だった...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
9月20日に行われた大規模な「気候変動デモ」に先だって、ニューヨーク市の教育委員会は“ある思い切った決定”を下した。それによってニューヨーク市の公立学校の...
ニューヨークの地下鉄の車内で、突如カップルが卓球を開始!周囲の乗客はあ然……。その様子が映った動画がTwitterで話題に。
マンハッタンのチェルシー地区にあるジム「Brrrn」の紹介。ここは室温が45°F〜60°F(約7℃〜約15℃)に保たれているんです。
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...