アメリカですすむ給食の無償化。ついにニューヨークも。

小学生の頃、空腹でお腹が鳴るたびに「もう少しで食べれるから!」と、給食をモチベーションにしていた自分を思い出す。ただ、当然のように待ち望むことができていたのは、今思えば欠かさずに給食費を払ってくれていた両親のおかげだ。

一方で、担任の先生が給食費の支払期限を過ぎてから、「まだの人は早くね」と呼びかけていた光景も思い出す。大体いつも決まった人に呼びかけていたことを考えると「給食=嬉しい」という気持ちを持っていなかった子もいたのかもしれない。

お腹を満たすことは
「平等な教育」につながる

Eedd70edd40f6fa915b73dd01b8dad8ad7377a6f

ニューヨークの公立学校の場合、昼食をとるにあたっての費用の悩みはなくなるだろう。なぜなら、今年度から公立の学校へ通うすべての子どもたちに無償で昼食が提供されるから。

デブラシオ市長は、政策の意図についてこのようにコメント。

「お腹が空いてしまっては、学びながら健康に育つことはできません。無償のランチは、ニューヨークにいるすべての子どもたちに、平等な教育をうけさせることにも繋がるのです」

以前は、1食あたり1.75ドルかかっていたというランチ。実はこれまでも、経済的困難などの理由で75%もの生徒の給食費が免除されたり減額されてきたという。ただ、「ランチを食べるお金がない」と申し出るくらいなら我慢してしまう子どももいるというがあり、今回の無償化が実現したらしい。これにより、さらに約20万人が恩恵を受けることになる。

14928444edf9f8a19ad5f12475190b5dde4155c4

実は、ランチを無償で提供するのはニューヨーク市が初めてではない。シカゴやボストンなどの都市でも行われているというのだ。ただ、今回は人口850万人以上の大都市で実施されるからこその驚きがある。

日本にもある「給食問題」
社会全体での取り組みを

26e1158d3ec464925de26d828e4b0a322a44b614

日本でも、給食費についての問題が、しばしば取り上げられている。

文部科学省が調査した最新の未納者の割合は約0.9%。主な理由として、アメリカと同じように「経済的な問題」、そして「保護者の規範意識の欠如」が原因として挙げられている。このような問題に対処するため、国内でも一部の市町村で給食の無償化の動きが広まりつつあるようだ。

しかし、いくら理由が明確になっていても、この問題に根付く「家庭の事情」というものを、自立していない子どもが解決することは難しい。だからこそ、生徒の気持ちにまで配慮したニューヨークの動きは参考になるかもしれない。

給食は誰もが食べてきたものだからこそ、子どもの有無に関係なく社会全体で考えていきたいところ。とはいえ、無償化については「ばらまき」などの反対意見もあるため、慎重に進めていく必要がありそう。

完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
ここで紹介する動画は、ニューヨーク在住の環境活動家でありドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが制作したもの。彼女は、自身の子どもが通っている学校の給食を...
濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
独断と偏見でピックアップしました。
少子化中のフィリピンがドゥテルテ大統領下で100の国公立高校・大学を無償化すると発表。日本でも近年高等教育の無償化の是非が議論されているが、いわゆる「富裕...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
あこがれの街。
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
「朝食を抜くと太りやすくなる」というのはダイエットハウツーでもよく聞く話ですが、mental_flossにオドロキの記事が掲載されていました。アメリカの中...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
夢を追いかけてニューヨークへ移り住んだTadhg Ennisさんは、昼間は学校へ通い夜は街中を歩き回り写真を撮っている。彼が捉えた真夜中すぎの光景は、昼に...
日本ではあまり馴染みのない「寄付」の文化。欧米では個人から個人への寄付も意外と多いんだそう。クリスマス直前、愛する人にプレゼントをあげるだけではなくて、知...
努力をすれば報われる。それは正しいことかもしれないけれど、きっと現実はそれだけじゃないはず。誰にでもチャンスがある世界にするためには、何が必要なのか?そん...
誰もいないニューヨークの街が、水に浸かっている。これは、地球温暖化の進行により、NYが街ごと浸水してしまった場合をシミュレーションした映像だ。もちろんこれ...