「!!!」な作品。カラフルなモジャモジャはすべて髪の毛

何もない空間をカラフルに彩るゲートや上半身が隠れるほどフワフワしたドレスから、光や映像つかって不気味さを演出するおばけ屋敷のような部屋まで。

3つに共通して言えるのは、得体の知れないモジャモジャしたもので彩られているという点。実は、これらすべて、髪の毛でできているのです。

髪の毛を「クリエイティブな繊維」と呼ぶアーティストのHrafnhildur Arnardóttirさん。染めたり編んだり、様々な手法を用いて作品に仕上げます。ニューヨークを拠点に活躍する彼女ですが、日本でも展示会があれば実物を観てみたいと思いません?

ほかの作品もどのようなものか気になる人は、こちらから。

Top image: © 2018 Shoplifter
他の記事を見る
あこがれの街。
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
子供の優しい気遣いのようなユーモラスなこの作品は、ドイツ人アーティストJan Vormannさんによるプロジェクト。ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界4...
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
バイオリンの弓こそ馬の「尻毛」が使われるけど、まさか人間の髪の毛を、それも弓でなく「弦」にしちゃうって…。これがクラシック音楽界の冒涜に値するかどうかの判...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
マイアミの街に現れた、フォトジェニックな壁画。万華鏡のように、カラフルでポップではあるけれど、なんだか少し毒々しさも感じてしまう。ずっと見ていると、目が痛...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
わたしたちの心は、いつも不安定で、混乱していて、壊れやすい。カラフルにすることもできるし、暗闇に引き寄せられちゃうこともある。Charlotte West...
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...