【衝撃】40種類のフルーツが実る「奇跡の木」

まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年ニューヨーク州にある果樹園が、資金不足で閉鎖に向かっていることを知ってから。

そこには150年から200年間生き続けてきた希少な果物がたくさんあったそう。「果樹園が無くなれば、果物も消えてしまう」。そう思った彼は、なんと園を丸ごと買い取ってしまったのだとか。

40種類のフルーツが実る木

Tree2-1eba145dcb2ba372806037d6dee8967d

Tree6-ba7360151c377dfb1ec0f3443df01b19

アーティストでもある彼は、果樹園を購入した後に一本の木に複数の種のフルーツの実を育てる方法を考案。まずは果物の花が咲く時期をすべて記録し、緻密な計算のもと切開した樹の枝に、他の種の枝をテープで繋ぎ合わせて固定した。
基盤になる「ワーキングツリー」の育成に2年、その後別種の木の枝を、自分の枝だと認識させるまでには3年かかるそうだ。

まるで移植手術のような方法だが、「ScienceAlert」は「Chip Grafting」と呼ばれる専門的な技術が使われていると説明している。そして、数年がかりの地道な作業を繰り返していった結果、アーモンド、アプリコット、チェリー、桃、プラムなどなど、合計40種類ものフルーツが実る樹が誕生した。
ちなみに、40という数字はおまじないのようなもので特に科学的な根拠があるわけではないそうだ。

Tree7-149e83b32bc29d1a4ed7a7605e212dce

Tree5-c2d30b52fbb9baea645cb3e24c956265

枝と枝を繋ぐことで
カラフルな花が咲く樹

1年のうちのほとんどは、普通の木と見た目は変わらない。しかし春になると、色とりどりの花が咲く。

1本の木を育てるために5年ほどの期間を要するが、実際にこの「奇跡の木」を知る人々からは、バリエーションに飛んだフルーツを食べられると評判もなかなかだそう。「Epicurious」のインタビューでAken氏本人がその詳細について話した。

7月から10月にかけては、それぞれ違う種類のフルーツが旬に合わせて実ることもあり、収穫に追われることもない。それに、スーパーマーケットではお目にかかれないような見慣れない色や個性的な味の果物を楽しめる。

今後は同様の木を増やし、都市部に小さな果樹園を開きたいのだそう。元々の目的は希少種の保存にあるため、その彩を愉しむもよし、フルーツを味わうもよし、とにかくこの技術が伝わることが何より大切だと本人は語っている。

Reference:Epicurious,National Geographic,ScienceAlert.
Licensed material used with permission by Sam Van Aken Courtesy Ronald Feldman Fine Art

フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
高さ20メートルもあるこの“木”、コットンを手で編んでつくられたもの。ブラジル出身のアーティストErnesto Neto氏によるインスタレーションです。初...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
インタビュアー(以下I):おいおいお前たち、なんで木に登っているんだ?ヤギ(以下Y):僕たちが住むのはモロッコのサハラ砂漠地帯なのだメ〜。I:砂漠が何か関...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
和食を作るうえで欠かせない調味料のひとつ「みりん」。じつは、意外と知られていない使い方があります。それは「フルーツをみりんで煮込む」というもの。なんとこれ...
チリ人クリエイター、Sebastian Errazuriz氏が生み出した本棚「Bilbao」。コレがなんと、彼が道で拾った枝木で作られているというのだから...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
COP21。地球環境の行く末を世界のリーダーたちが、一同に介して議論していた同じ時、パリを象徴するモニュメントから、世界へ向けて発信されたもうひとつのプロ...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
舞台は中国・西安の古観音禅寺。樹齢1,400年と言われる巨大なイチョウの木が、そのダイナミズムと素晴らしい色づきで、人々を驚かせています。“黄金色の絨毯”...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...