世界の美食家たちを虜にしている「仮面をかぶったデザート」

レモン、ライム、さくらんぼ、りんご…。パッと見は普通のフルーツ。んー、どこから見ても、もぎたてのフルーツですね。

でも、世界中の美食家たちが、このデザートを食べにわざわざパリのレストランに駆けつけるみたい。種明かしをすると、フルーツに見えるようにこしらえたケーキなのです。

革命的なフランス菓子に
挑む若きカリスマ

©Pierre Monetta

今、パリで話題になっているのは、5つ星パラスホテル「ル・ルームス」で、パティシエをつとめるセドリック・グロエ。

彼の得意とするのがフルーツをモチーフにした彫刻のようなパティスリーなのです。素材となるフルーツの味をキープしつつ、ひと味違うスパイスやハーブを加えたもの。じつは、フルーツの皮までもが、精巧にデザインされているのです。

まずは、こちらをご覧ください

©Pierre Monetta

©Pierre Monetta

©Pierre Monetta

©Pierre Monetta

次にこちらをご覧ください

©Pierre Monetta

©Pierre Monetta

©Pierre Monetta

©Pierre Monetta

現在、世界中で彼の味が楽しめるのは、ル・ルームスのみ。

パリジャンの社交場になっているだけではなく、世界中からのファンが訪れるスポットとして認知が高まっているとのこと。2018年春には、ル・ルームス内にパティスリー専門店もオープンが予定されているので、ますます目が離せません。

Licensed material used with permission by Cedric Grolet, Hotel Le Meurice
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア「嫌なら職場を変えてもいい」。 好きなことを仕事にし、それを続けてきたパテ...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
世界一の高級レストランと言われるSublimotionのディナーはVRやプロジェクションマッピングを用いた最新式。シェフから演出家まで超一流を集結した極上...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナブルな...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
りんごとハチミツ…というと、昔からあるカレールーのテレビCMを思い出すけど、この2つを爽やかなモッツァレラチーズと組み合わせることで、本格的なサラダとして...
おもにキャッサバというお芋のでんぷんからつくられるタピオカは、デザートとしてすっかり定着しています。欧米でもそれは同じで、アメリカのスーパーに行くと「タピ...