カリブ海の島なのに
美食を求め山小屋へ

カリブ海に浮かぶ、自然豊かな島プエルトリコ。ここは観光業がメインですが、日本から遠く離れているため、どのような場所なのかいまいちイメージできない人は多いでしょう。

そんな場所にある、旅先としてオススメしたい山小屋「El Pretexto」を紹介します。ここは、宿泊目的というより美食を求めて訪ねて欲しい場所。地元のシェフとコラボして、折をみては食のポップアップイベントを開催していて、地元の食材をふんだんに使用した料理を振るまっています。

食事は高台のデッキで提供されるので、その席からの眺望も美味しさを足してくれる要素のひとつ。緑豊かな山脈と青空がどこまでもつづく景色が、こだわりの料理と共に愉しめます。

ここでの食を体験するには、山小屋に宿泊するなどの条件が必要なようです。詳細の確認と予約は、開催されるイベントの様子や提供される肉厚なシーフード、カラフルなサラダなどの料理も掲載される公式WEBサイトからで。予約する前に、WEBサイトをスクロールしながら涎が出そうになっちゃうかも……。

©2018 Rafael Ruiz for El Pretexto
©2018 Rafael Ruiz for El Pretexto
©2018 Rafael Ruiz for El Pretexto
©2018 Rafael Ruiz for El Pretexto
Reference: El Pretexto
andmore
他の記事を見る
アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
西表島の豊かな自然と文化を次世代に継承するために、私たちツーリスト、一人ひとりにもできることがあるのでは?そんな思いで、2019年4月に「Us 4 IRI...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
国土の6割以上が山岳地帯のノルウェーは、雄大な風景を楽しむことができる絶好のトレッキングカントリー。“巨人たちの住みか”こと、北欧最大の山岳地帯ヨーテンハ...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
フーコック島のホテルの19階にあるバー「INK360」。同島で一番高い場所にあり、もちろん景色は抜群。メニューにはないスペシャルカクテルもあります。
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
「季楽 京都 本町」は、2018年12月にオープンした町家宿。寝室には枯山水、2階には茶室もあります。海外の友達に日本の伝統文化を知ってもらうには打ってつ...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...