アイスランドのトレイル事情。こんな山小屋に泊まりたい

トレッキングファンの拡大にともない、海外トレッキングを楽しむ人たちも年々増加傾向にあるようですが、日本と比べてとにかくどこもコースが長い。つまり長時間トレイルは当たり前。場合によっては、山小屋やキャビンで夜を越すなんてことも。

じゃあ、世界のトレイル事情はどんな具合なのか?ここで紹介するは、アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!

極寒地のランドマーク
ブルー屋根のキャビン

© Utopia
© Utopia

厳しい気候条件にも負けない耐久性を追求してデザインされたキャビン(Skyli)のいちばんの特長は三角に尖った屋根。この形、テント、一般的なシェルター、さらには伝統的なアイスランド家屋にインスパイアされた意匠なんだそう。

明るいブルーで配色したのも、ハイカーやピークハンターたちが遠くからでも見つけやすく、それでいて風景にマッチするようにとの配慮から。トレッキングの醍醐味である景観を損なわない気遣いは、さすが北欧といったところ。

ちなみにこのキャビン、運搬にも適した軽量資材が使われ、おおよそ3日もあれば施工が住んでしまうんだそう。

屋内はゆったり
最小限のくつろぎ空間

© Utopia
© Utopia
© Utopia

メーカーの説明によると、建物内は共有部を含め4つの空間に分かれているようです。うち2つがリビング&ベッドルーム、1つがキッチン&ダイニングスペース、もう1つが装具の修理や救護のためのスペース、とそれぞれの用途に合わせた構造。

入口も南北の2か所に配置し、それぞれ外のドアと内側との二重構造で暖を確保。トイレは、エントランスポーチ内でコンポストを利用しているんだとか。

極寒の地ならばこその利便性と、誰もがとけ込める空間設計というのも、山小屋においてはうれしいですよね。

© Utopia
© Utopia

畳の大広間にみんなで雑魚寝という、山小屋のイメージが一変する空間設計。ひと晩くらい泊まってみたいかも。

Top image: © Utopia
Reference: Utopia
8年以上もタイムラプスを撮影しているMartin Heckさん。「100 Hours in Iceland」と題された彼のビデオには、たくさんのアイスラン...
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
国土の6割以上が山岳地帯のノルウェーは、雄大な風景を楽しむことができる絶好のトレッキングカントリー。“巨人たちの住みか”こと、北欧最大の山岳地帯ヨーテンハ...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
氷と炎の国と形容される「アイスランド」は、火山活動や地熱活動が活発な国。ゆえにホットスパ(つまりは温泉)が国のいたるところにあるんです。ブルーラグーンやレ...
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
アイスランドに行ったら、昼間はブルーラグーン、夜はオーロラ観測へ出かけましょう!……なんて優等生すぎる観光情報は、もうお腹いっぱい。そう感じている人は、決...
2015年ミス・アイスランドに選ばれたArnaさんは、2016年、ラスベガスで開催されるミス・グランド・インターナショナルに、国の代表として参加していまし...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
アイスランドの森深くにユニークなホテルがある。それが、全面透けるビニールのような膜で覆われた『The 5 Million Star Hotel』だ。5百万...
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...
アイスランドで先月24日、会社に勤務する女性たちが一斉に退社するという珍事が発生しました。まるで童話『ハーメルンの笛吹き男』のようなこの話、女性社員だけが...
フォトグラファーのジュリアン・レイテル氏が撮影したのは、凍結した火山の内部にあった秘密の絶景だ。これまでも写真家・冒険家として様々な火山の内部や雪山など、...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
いまどき「ビールに浸かれる風呂」なんて珍しくない。けど、アウトドアで、10人同時に入れてしまう豪快なスパなんて滅多にないはず。しかも、向こう側に見えるのは...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てら...