アイスランドのトレイル事情。こんな山小屋に泊まりたい

トレッキングファンの拡大にともない、海外トレッキングを楽しむ人たちも年々増加傾向にあるようですが、日本と比べてとにかくどこもコースが長い。つまり長時間トレイルは当たり前。場合によっては、山小屋やキャビンで夜を越すなんてことも。

じゃあ、世界のトレイル事情はどんな具合なのか?ここで紹介するは、アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!

極寒地のランドマーク
ブルー屋根のキャビン

6aa7a00459f623dbca978c1bdd589e965f551c72
© Utopia
E39396ec5ed1438ebae888003884e904f40a158a
© Utopia

厳しい気候条件にも負けない耐久性を追求してデザインされたキャビン(Skyli)のいちばんの特長は三角に尖った屋根。この形、テント、一般的なシェルター、さらには伝統的なアイスランド家屋にインスパイアされた意匠なんだそう。

明るいブルーで配色したのも、ハイカーやピークハンターたちが遠くからでも見つけやすく、それでいて風景にマッチするようにとの配慮から。トレッキングの醍醐味である景観を損なわない気遣いは、さすが北欧といったところ。

ちなみにこのキャビン、運搬にも適した軽量資材が使われ、おおよそ3日もあれば施工が住んでしまうんだそう。

屋内はゆったり
最小限のくつろぎ空間

5987463281508352
© Utopia
5903430568640512
© Utopia
Fcddba755b416d179fe4846e35841a611980b8f4
© Utopia

メーカーの説明によると、建物内は共有部を含め4つの空間に分かれているようです。うち2つがリビング&ベッドルーム、1つがキッチン&ダイニングスペース、もう1つが装具の修理や救護のためのスペース、とそれぞれの用途に合わせた構造。

入口も南北の2か所に配置し、それぞれ外のドアと内側との二重構造で暖を確保。トイレは、エントランスポーチ内でコンポストを利用しているんだとか。

極寒の地ならばこその利便性と、誰もがとけ込める空間設計というのも、山小屋においてはうれしいですよね。

Dd8080eca2ae8aa7df3066699ad255410fb1309c
© Utopia
9a30c8e50606e2db9e08b18e5da807cba693d315
© Utopia

畳の大広間にみんなで雑魚寝という、山小屋のイメージが一変する空間設計。ひと晩くらい泊まってみたいかも。

Top image: © Utopia
Reference: Utopia
国土の6割以上が山岳地帯のノルウェーは、雄大な風景を楽しむことができる絶好のトレッキングカントリー。“巨人たちの住みか”こと、北欧最大の山岳地帯ヨーテンハ...
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
8年以上もタイムラプスを撮影しているMartin Heckさん。「100 Hours in Iceland」と題された彼のビデオには、たくさんのアイスラン...
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...
あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
地表や岩の上ではいつくばるように成長する苔。深緑色の絨毯が広がる様は、古くから日本人の美意識の中にある苔のイメージですよね。ところが、北欧フィンランドの苔...
独断と偏見でピックアップしました。
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
氷と炎の国と形容される「アイスランド」は、火山活動や地熱活動が活発な国。ゆえにホットスパ(つまりは温泉)が国のいたるところにあるんです。ブルーラグーンやレ...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てら...
友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
街の喧騒を離れて、自然豊かな郊外で週末を過ごす二地域居住。欧州では当たり前の生活スタイルを体現したような極小のキャビンをご紹介。恋人たちにとって、これ以上...
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
学校ではみんな国語・算数・理科・社会など、各科目ごとに授業を受けたものですよね。でも、教育水準の高さで知られている北欧では、そんな科目ごとの授業には重きを...