美食の街、シアトルの料理教室「セレブリティシェフ」で、ほっぺた落ちた。

現在、アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。

食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。

サンフランシスコからシアトルへ
ITワーカーたちがお引越し!?

Amazonの本社を擁し、新社屋の増設ラッシュが続く同社の成長と合わせるように活性化しているこの街では、サンフランシスコから引っ越してくるITワーカーたちが急増。おかげでこの2〜3年、人口も家賃もうなぎ上りなのです。びっくりするようなボロ家でさえ、3日もたてば億単位の金額で売れてゆき、街のいたるところで都市開発が急ピッチで進められています。

C6032acfeec0d5a8068c299589a8c8960f5f40be

Amazon本社エリアに建設中の透明ドーム型植物園。従業員に癒やしを与える目的でわざわざ造っているというから、仰天。

530e6528daa2791c19632a3de7bba096461e84eb

Amazonが試運転中の、レジがない未来のコンビニ「amazon go」。アプリをかざして入店し、商品を選んでそのまま外に出るだけでお会計が完了。今はAmazon社員しか入店できないけれど、実用化される日が楽しみです。

シアトルに来たら
食べ尽くせ!

当然、そんなシアトルにはグルメな人たちも集まってきていて、今、フードシーンが大いに盛り上がりを見せています。とくに旅行者に人気なのが「ローカルセレブリティシェフ」と呼ばれる、人気料理家のクッキング教室。

F3bae9ee0d5aec28d460fa200ce3636ce5a4cbf1

というわけで、参加してきました。クッキング教室へ行くと、広くてオシャレなキッチンのテーブルの上に本日の食材がズラリ。

今回私がチョイスしたのは、シアトルで「Lola」や「ASSEMBLY HALL」など18もの行列レストランを経営しており、料理本も何冊も出版しているセレブリティシェフ、トム・ダグラスさんのクッキング教室「Hot Stove Society」

6aa9a1e216ccf3bbe53a875513f689b1e2c2a58e

迎えてくれたのは、トム・ダグラスさんではないですが、見るからに美味しい料理を作ってくれそうな、エリック・ストーバーさん。

「今日のHot Stove Societyクッキング教室のテーマは『ブランチ』。みんなで、トム・ダグラス流のエッグベネディクトを作ろうぜ!」

4d16c097051d51cc5e7818d7872b1048be37c97c

というわけで、エッグベネディクトには欠かせない、ホーランディズソースから手作りしていきましょう。料理が苦手な人も大丈夫。エリックさん以下、経験豊富なスタッフたちがしっかりサポートしてくれるから安心して!

「アメリカはホームパーティーカルチャーが浸透しているから、料理教室が人気なんだ。男子も女子も、料理できる人はモテるんだぜ」

96c226f84168b3127b3f919092264e3858394fc1

クッキング参加者全員で分担しながら、同時並行でブランチメニューを作っていきます。

79a018be73e190b10e4e0e37e2c51a3a9e00b96fE5540c8e72b724c4e9d269b72b7a7c00cb64da94

ベーコンはカリッカリに!

Cf9d22294577444e00255769671a22044199f820

「おっと、いけない、火を通しすぎてバンズが焦げちまった!」

E997e43a2e30fceea3346b769a0429bfdcf96db5

みんなで協力して、チェリーオートミールスコーンも焼き上げました。

最後に、ぷるぷるのポーチドエッグとホーランディズソースをバンズの上に盛り付ければ完成です。

7654bb2c58da18484715296b0309abc145b534af2c18bb56c2c4cc90407ff54d673b3d14139638f030f1ceea80bd3cba328846cf9bed8844d8fa6762

サーモンを乗せて、サーモンエッグベネディクトに。

料理テーマは毎回変わりますが、自分ひとりでは絶対作れない手の込んだエッグベネディクトは、ほっぺたが落ちるほど美味しかった!

クッキング教室は、パブリックもプライベートレッスンも毎日開催しているので、美食の街・シアトルでの食い倒れツアーの間に、思い付きでブッキングしてみるのもいいかも!?

Hot Stove Society

2000 Fourth Ave Seattle
Contact: Madeline Dow Pennington  Tel: (206) 448-2001

取材協力:Visit Seattle
coordinator:松田京子
Photo by 城リユア
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
日本の学校が夏休みに入った頃、アメリカでは3ヶ月の夏休みが後半戦に突入しました。「そんな長い夏休み、どうやって過ごすの?」と思われるでしょうが、アメリカの...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
ニルヴァーナのカート・コバーンによる絵画やスケッチが8月上旬にアメリカはシアトルで開催された「Seattle Art Fair」で公開されました。中には1...
過去に、セルフ精算機がスーパーに並び始めたときにも驚いた。え、自分で精算していいの!?って感じ。でも、お次はそれすらいらなくなってしまった。IDを認証して...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...