お会計に必要なのは体だけ。手のひら決済「Amazon One」がシアトルのスーパー7店舗に導入

紙幣からクレジットカードへ、そしてクレジットカードからスマホでの決済へ。

時代とともに“支払い”の方法は変わり、世の中はどんどん便利に、さらにコンパクトになってきた。

そんな支払いの概念を覆すサービス「Amazon One」をご存知だろうか?

あの「Amazon」が提供する、なんと“手のひら”だけで決済を終わらせる、画期的なサービスだ。

2020年9月からサービスが始まり、今までシアトルにある「Amazon Go」「Amazon Go Grocery」「Amazon Books」「Amazon 4-star」「Amazon Pop Up」を含む「Amazon stores」の数店舗で実施され、その便利さが高い評価を受けてきた。

そして、4月21日、スーパーマーケットチェーン店「Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット)」のシアトルにある「Madison Broadway支店」に「Amazon One」が新たに導入されることが発表された!

© amazon/ YouTube

Amazon系列店以外での導入はとなる、今回の取り組み。

今後数ヵ月は、シアトルにある複数の「Whole Foods Market」に「Amazon One」の順次導入していく予定とのこと。

クレジットカード携帯番号を登録すれば、自分の手のひらをかざすだけで決済をおこなうことができ、支払いにかかる時間はわずか1秒というこのシステム。人やデバイスとの直接の接触なくお店をあとにできるというのは、ウイルスへの感染リスクを下げるという点においても非常に有効だろう。

クイック&スピーディなだけでなく、安全&安心も同時に実現するこのシステムが、withコロナ時代の買い物のカタチを変える試金石になるかに注目だ。

Top image: © iStock.com/BravissimoS, iStock.com/Maximkostenko
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事