Amazon倉庫で「働く」ゲーム

キャンピングカーのオモチャを取ってくださいと依頼され、4つの中から該当する商品を選択する。

こんなことをひたすら繰り返すゲーム、「The Amazon Race」。名前から推測できるようにAmazonが関係していて、オーストラリアのABC Newsが制作しました。

関連性があると言っても、あまりイイ意味ではありません。Amazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的があるんです。

オーダーされては商品をピックアップする。これは忠実に再現されていて、手に取るべきモノを間違ってしまうと評価が下がる仕組みもあるそうです。プレッシャーを常にかけられている状態だから、働いている人たちはトイレに行く時間も惜しいと考えてしまうと言います。ロボットのような扱いですね。

ゲームで労働環境を疑似体験させるというアイデア、どんな記事を読んでもらうよりも理解させるのに特化している気がします。興味がある方はコチラからプレイできますよ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
米Amazonは、小売りチェーン「KOHL'S」と貨物運送「UPS」の店舗で、返品の受付を始める。その際の、梱包から返送まですべて無料でやってくれるというのだ。
Amazonが9月17日に実施すると発表したのは、米国内で3万人の正社員採用を行うAmazon Career Day(キャリアデー)。6都市で開催されるの...
「Amazon」は、9月18日~23日に期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」をオープンする。場所は、天王洲のキャナルエリア。...
アメリカのAmazonは、自動運転で飛行するドローンを使った配送を開始すると発表。「数カ月以内」にサービスを開始する予定です。
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
主婦である私からすると、テクノロジーの革新性なんてどうでもいい話。気になるのは、利便性や品揃えです。実際にお店に行って買い物してきました。
8月6日、米Amazonは自動配達ロボット「Amazon Scout」の実運用をカリフォルニア州アーバインでスタート。実証実験を経て、自動運転による宅配の...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾ...
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...