Amazon倉庫で「働く」ゲーム

キャンピングカーのオモチャを取ってくださいと依頼され、4つの中から該当する商品を選択する。

こんなことをひたすら繰り返すゲーム、「The Amazon Race」。名前から推測できるようにAmazonが関係していて、オーストラリアのABC Newsが制作しました。

関連性があると言っても、あまりイイ意味ではありません。Amazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的があるんです。

オーダーされては商品をピックアップする。これは忠実に再現されていて、手に取るべきモノを間違ってしまうと評価が下がる仕組みもあるそうです。プレッシャーを常にかけられている状態だから、働いている人たちはトイレに行く時間も惜しいと考えてしまうと言います。ロボットのような扱いですね。

ゲームで労働環境を疑似体験させるというアイデア、どんな記事を読んでもらうよりも理解させるのに特化している気がします。興味がある方はコチラからプレイできますよ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
「Amazon」は、同社の運営する無人レジ店舗「Amazon Go」の技術をグループ以外の小売店に提供するプログラム「Just Walk Out」を発表した。
アウターウェアブランド「OROS」から、細かすぎるほど多くの改良を加えた最新作が発表された。
米Amazonは、小売りチェーン「KOHL'S」と貨物運送「UPS」の店舗で、返品の受付を始める。その際の、梱包から返送まですべて無料でやってくれるというのだ。
8月6日、米Amazonは自動配達ロボット「Amazon Scout」の実運用をカリフォルニア州アーバインでスタート。実証実験を経て、自動運転による宅配の...
価格と見た目、機能面でも手が届きやすい、ひとつ目にオススメのトイを3つピックアップしました。
「Amazon」は、9月18日~23日に期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」をオープンする。場所は、天王洲のキャナルエリア。...
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
「Apple」とシンガポール政府が提携し共同開発した健康増進アプリ「Lumi Health」の利用者拡大キャンペーンがかなり太っ腹!
Amazonが9月17日に実施すると発表したのは、米国内で3万人の正社員採用を行うAmazon Career Day(キャリアデー)。6都市で開催されるの...
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
アメリカのAmazonは、自動運転で飛行するドローンを使った配送を開始すると発表。「数カ月以内」にサービスを開始する予定です。
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
18禁のプラネタリウム作品「R18オトナ♡プラネタリウム-古代ギリシャの恋愛博物館-」が、「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」と「コニカミノルタプラ...
人気シリーズ「マリオカート」のAR版として発表された「マリオカート ライブ ホームサーキット」が話題に。カメラを搭載した実際のラジコンと共に発売されるとい...
Amazonで飛ぶように売れている、萩原季実子先生の『誰でも一瞬で字が上手くなる大人のペン字練習帳』は、外出を控えざる得ないこの時期に、自宅で字の練習がし...
「Amazon」の純正スマートプラグ「Amazon Smart Plug」が7月15日(水)から販売。IoT化されていない家電が手軽にスマート化できるのが...
大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」が、Amazonのカスタマーレビュー数1万件を達成(2月10日18:00時点)したこ...
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
主婦である私からすると、テクノロジーの革新性なんてどうでもいい話。気になるのは、利便性や品揃えです。実際にお店に行って買い物してきました。
8月31日、米「Amazon」が「アメリカ連邦航空局(FAA)」からドローン配送サービスに対する認可を与えられた。これにより、かねてより構想を発表していた...