もしアレクサが人間型だったら?「Amazon」の特別CMが話題

「Amazon」は米国を代表する一大イベント「スーパーボウル」において、ここ数年、同社の主力デジタルアシスタント「アレクサ」のCMを放送するのが恒例となっている。

今回特別に作られたのは「もしアレクサが人間型だったら?」という設定のショートフィルム。

しかも、人間型アレクサを演じるのは、『クリード チャンプを継ぐ男』で主役を務めた人気俳優のマイケル・B・ジョーダンだ。

© amazon/YouTube

メロドラマ風に仕立てられたこのフィルムだが、もしデジタルアシスタントが本当に人間型となった未来では、こんなことが日常になるのかも?

はたして、これが実現するのがいつになるかは不明だが、実際「Amazon」はアレクサのコミュニケーション機能を大幅にアップグレード

最新作「Echo Show 10」では、顔追尾機能が搭載され、部屋中どこにいてもスクリーンが追いかけるほど進化しているというのだから、そんな未来も遠くない......かも。

Top image: © Jamie McCarthy/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Amazon」の純正スマートプラグ「Amazon Smart Plug」が7月15日(水)から販売。IoT化されていない家電が手軽にスマート化できるのが...
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
2021年2月2日に米「Amazon」が発表したのは、過去最高益を更新したという決算報告と、敏腕経営者として名高いCEOの退任という驚きのニュースだった。
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
米国自動車メーカー「キャデラック」が「スーパーボウル」にて配信したスペシャルCMが大きな話題に。ティム・バートン監督による1990年の名作『シザーハンズ』...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...