もしアレクサが人間型だったら?「Amazon」の特別CMが話題

「Amazon」は米国を代表する一大イベント「スーパーボウル」において、ここ数年、同社の主力デジタルアシスタント「アレクサ」のCMを放送するのが恒例となっている。

今回特別に作られたのは「もしアレクサが人間型だったら?」という設定のショートフィルム。

しかも、人間型アレクサを演じるのは、『クリード チャンプを継ぐ男』で主役を務めた人気俳優のマイケル・B・ジョーダンだ。

© amazon/YouTube

メロドラマ風に仕立てられたこのフィルムだが、もしデジタルアシスタントが本当に人間型となった未来では、こんなことが日常になるのかも?

はたして、これが実現するのがいつになるかは不明だが、実際「Amazon」はアレクサのコミュニケーション機能を大幅にアップグレード

最新作「Echo Show 10」では、顔追尾機能が搭載され、部屋中どこにいてもスクリーンが追いかけるほど進化しているというのだから、そんな未来も遠くない......かも。

Top image: © Jamie McCarthy/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事