話しかけるだけで〇〇できる!「Amazon Echo」で変わる生活って?

アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されていませんが、未来の生活を感じさせる魅力があります。

たとえば、「Alexa、〇〇を注文して」と指示すると「〇〇を購入してもいいですか?」と商品内容を確認してくれ、「Yes」と言えば決済できるんです。クリックが必要なく、ずいぶん楽ちん。もっと複雑なお願いごともできちゃいます。ぜひ動画で見てみて。

「Alexa、〇して!」

Bbb8a0419aed9e8c911697694662fa8c94fd4c83

このシーンは、「ショッピングリストにラッピングペーパーを追加して」と指示しているところ。Siriを使う要領と同じですが、部屋に置くタイプなので、スマホに語りかけるより、“独り言感”が紛れる気がしますね。

そして、一度慣れてしまったらこれナシで生活するのが不便に感じてしまうであろう機能がたくさん。

スマート家電を操作
ピザの宅配やタクシーの手配も

スマート家電と連携させれば、スイッチのON/OFFだけでなく「もうちょっと暗くして欲しい」なんてお願いをしてもOK。声をかけるだけで、いろいろなものが操作できるんです。

そのほか調べ物にも便利。

8067a10c3de0fdf6b8ff78db1a73b768144d7d9d

時間や天気、気になったことを質問すれば、検索結果やWikipediaの内容を教えてくれるし、Googleカレンダーへのスケジュール追加も一声。

提携サービスなどから好きな音楽をかけたり、書籍を音読したりできます。目がシバシバしたときに、“読み聞かせてもらえる”という体験を選べるのは嬉しいところ。

今では、ピザの宅配やタクシーの手配といったスキルと呼ばれるものが1,000以上用意されているとか。じつはこれ、1月時点では10分の1ほどしかなかったそうで、その急成長ぶりにも驚き。

一家に一台、
「Amazon Echo」?

まるで執事でもいるかのような便利さ。デバイスに話しかける抵抗感だって、オフィスや家なら外と違って感じにくいかもしれませんよね。

7月1日の「VB」によると、音声入力でトイレットペーパーや電池などを含む膨大な数の日用品が選べるようになったようです。すでにコレなしではいられないと複数台購入するユーザーも。日本でもはやく!

Reference:Venture Beat
Licensed material used with permission by Amazon
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾ...
過去に、セルフ精算機がスーパーに並び始めたときにも驚いた。え、自分で精算していいの!?って感じ。でも、お次はそれすらいらなくなってしまった。IDを認証して...
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
今や誰でも一夜、時には一瞬にして有名人になれる時代。Youtuberや人気ブロガー、読者モデル、ネットアイドル、ツイッタラー…顔を出そうが出さまいが、そこ...
時間やお金を節約したいと思えば、欲しい洋服やアクセサリーなどの買い物を我慢すればいいですよね?けれど、食品や生活用品となれば話は別。どんなに忙しくても行か...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
最新のApple Watchを置くレトロな充電スタンド「Elago W3 Stand」が話題になっています。アメリカのAmazonでは2日間で5,000個...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
「Amazonで日本の会社に注文したら、こんな手紙が添えられて届いたよ!」ある日Redditに投稿された、一通の手紙。「日本のおもてなしの心って、やっぱり...
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
「〇〇の秋」と呼ばれるように、久々に何かを再開したり、新しいことに手を出してみるのにちょうどいいタイミング。ライターのChanel Vargasさんが推す...
状況や相手のタイプによって、どれが一番スマートな誘い方なのかは変わってきます。けれど、ここでOKをもらいたいな〜という時には、この心理的テクニックを覚えて...
「100 Books to Read in a Lifetime(生きてる間に読んでおきたい100冊の本)」は、アマゾン編集者が投票で選んだ「100冊」の...
50年以上前、アメリカ音楽界に衝撃を与えた「SUKIYAKI」。その数年後、日本の醤油メーカーが現地に乗り込みアレンジしてできたのが「TERIYAKI」。...
NY在住25年のアーティストMADSAKIさん監修、英語表現研究会による著書『正しいFUCKの使い方』(トランスワールドジャパン株式会社)は、もう一歩向こ...