Amazonもついに自動配達に挑戦!

1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦。

「Amazon Scout」と呼ばれる小型ロボットが道路を走り、利用客の家の前まで荷物を届けます。

「誰かが勝手に荷物をとってしまわないか?」という疑問がありますが、今のところはAmazonの職員が近くについている様子。言い換えれば、セキュリティーに関する開発はこれからということでしょうか。

自動配達に関しては、少し遅れをとっているAmazon。近未来のラストワンマイルは、どの企業が牛耳ることになるのでしょうか。

Top image: © Amazon
他の記事を見る
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
ピザハットが、10月30日、ピザを焼きながら配達もこなせるトラック「Tundra PIE Pro」を製造した旨を発表しました。
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
チェスが好き、興味があるという人に紹介したい「Square Off」。これ、AIによって駒が自動で動くという魔法のような代物です。専用のアプリを介せば、相...
社会問題になっている再配達増。この状況を打開するのは、ハイテクでもなんでもない、こんなアナログでシンプルな「BAG」かもしれない。
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
主婦である私からすると、テクノロジーの革新性なんてどうでもいい話。気になるのは、利便性や品揃えです。実際にお店に行って買い物してきました。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
過去に、セルフ精算機がスーパーに並び始めたときにも驚いた。自分で精算していいの?という感じ。でも、その必要さえなくなってしまった。IDを認証して店内に入っ...
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...