Amazonで買える!おこもり生活にマストハブな「セックストイ」

Amazonって、じつはセックストイのラインナップも充実してるって知ってた?

しかも、慣れた流れでオーダーできる&いつも通りのクラフトダンボールで受け取れるっていうカジュアルさのおかげで、初めての時なんか特に安心して買い物できていいんだよなぁ。

今回は、価格と見た目、機能面でも手が届きやすいひとつ目にオススメのトイをピックアップしました。

この機会に、もっとセルフプレジャーを楽しんじゃおう!

おこもり生活にマストハブ

©2020 NEW STANDARD

何事もプロップスで良し悪しを判断してしまうのは本当にもったいないって、「Beeen」を目の前に改めて思いました。

セックストイにしては1500円以下でかなりチープなのに、そして電マにしては約7センチでめちゃくちゃコンパクトなのに(マスカラと同じくらい)……これ、かなり使い応えがある。

まず、スイッチを入れた時に振動が強くてびっくりしました。すんごいパワーじゃん、って。しょっぱなから価格とサイズに反しすぎでしょ、って。振動パターンは、マニュアル上は10種類。だけどネックがくねくね動くぶんいろんな角度であてられて、ヘッドのヒダを活かせば指でコリコリするのに近い刺激が感じられるし、リアルな楽しみ方はもっとたくさん

しかも、充電はUSBコード式。シリコンはMADE IN JAPANのナチュラル素材

とっても実用的だから、きっとすぐおこもり生活の必須アイテムになっちゃうよ!

©CloudyStock/Shutterstock.com, 2020 NEW STANDARD

Beeen(ベージュ)

価格:1478円(税込)

Top image: © 2020 NEW STANDARD
価格と見た目、機能面でも手が届きやすい、ひとつ目にオススメのトイを3つピックアップしました。
価格と見た目、機能面でも手を伸ばしやすいトイをピックアップ。
もっとセルフプレジャーを楽しんじゃおう!
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
もっと自分らしいセルフプレジャーに出会えるようなアイデアを紹介していきます。
ショーツに装着するタイプのトイをご紹介!
米Amazonは、小売りチェーン「KOHL'S」と貨物運送「UPS」の店舗で、返品の受付を始める。その際の、梱包から返送まですべて無料でやってくれるというのだ。
今もっとも注目を集めているといっても過言ではないカリスマ的ラッパー、トラヴィス・スコットが発売した新商品が話題に。発売されたアイテムは、コットン100%の...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
「Amazon」は、9月18日~23日に期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」をオープンする。場所は、天王洲のキャナルエリア。...
8月6日、米Amazonは自動配達ロボット「Amazon Scout」の実運用をカリフォルニア州アーバインでスタート。実証実験を経て、自動運転による宅配の...
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
一応はペニスリング、だけど、いろんな使い方ができるマルチプレイヤー!
キャッシュレス時代にぴったりな、スマートにカードを取り出せるスライド式ウォレットをご紹介。
滑らかにする、というより感度を高めて濡れやすくする。塗って少しすると、じんわり熱くなってくるんです。
「Amazon」は、同社の運営する無人レジ店舗「Amazon Go」の技術をグループ以外の小売店に提供するプログラム「Just Walk Out」を発表した。
スマホアプリで遠隔操作できるセックストイが急増中。海外のショップに限らず最近は日本でもよく見かけるようになり、もはや定番といっても過言ではないのかも?今回...
セックストイ「Palm」は、リングのように指にはめて携帯できるバイブレーター。バイブレーションは5段階に分けて使用が可能。ウォータープルーフ仕様で、充電器...
アメリカのAmazonは、自動運転で飛行するドローンを使った配送を開始すると発表。「数カ月以内」にサービスを開始する予定です。
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
“次世代型”ともいわれるほど高い機能を備えたアナル用のバイブレーションです。