Amazonで買える、初めての「セックストイ」【まとめ】

Amazonって、じつはセックストイのラインナップも充実しています。

しかも、慣れた流れでオーダーできる&いつも通りのダンボールで受け取れるっていうカジュアルさのおかげで、初めての時なんか特に安心して買い物できていいんだよなぁ。

たとえば、この3つなんてコスパもよくてひとつ目にピッタリです。

1500円以下&コンパクトなのに
使い応えはばっちり

©CloudyStock/Shutterstock.com, 2020 NEW STANDARD

セックストイにしては1500円以下でかなりチープなのに、そして電マにしては約7センチ(マスカラと同じくらい)でめちゃくちゃコンパクトなのに……かなり使い応えがあります。

まず、スイッチを入れた時にその振動の強さにびっくりしました。しょっぱなから価格とサイズに反しすぎでしょ、って。

振動パターンは、マニュアル上は10種類。だけどネックがくねくね動くぶんいろんな角度であてられて、ヘッドのヒダを活かせば指でコリコリするのに近い刺激が感じられるし、リアルな楽しみ方はもっとたくさんあります。

続きを読む>>>

かわいいフリしてパワフル
そのギャップに驚きます

©iStock.com/Anna Harcenco, 2020 NEW STANDARD

ソフトクリーム型のローターです。実物で見る方が、コロンとしたフォルム感にもっと愛着がわきます。

でも、ただ見た目がいいだけじゃなくて機能もばっちり。初心者におすすめのポイントは、ヘッド部分が電マみたいに大きめなで広範囲を攻められるところ。まだ慣れていなくてもクリトリスにフィットさせやすいと思います。

パワーも電マレベルにたくましい。事実上の振動パターンは15種類だけど、先端かサイドか、あてる場所によって微妙に刺激が変わるので感じ方はもっとたくさん

完全防水だからバスルームでも使いたい放題。シャワーを浴びながら、湯船に浸かりながら……いろんな楽しみ方ができちゃいます。

続きを読む>>>

2ヵ所一緒に攻めるなら
このカップルバイブレーターが◎

©iStock.com/MicrovOne, 2020 NEW STANDARD

そもそもはカップル用のバイブレーター。だけど、1人で使ってもパワフルな刺激が得られてじゅうぶん気持ちいい。先端のヘッド部分をVゾーンに軽くおさえつければ、Gスポットはもちろんカーブ部分がクリトリスにあたって2カ所一緒に責められちゃう。それ以外に乳首をつまむって方法もアリです。

ついでにクジラっぽいU字型のフォルムだってかわいいし、自信を持ってセルフプレジャーにもオススメします。

続きを読む>>>

Top image: © 2020 NEW STANDARD
セルフプレジャーのアイデアがもっと知りたい!

関連する記事

価格と見た目、機能面でも手を伸ばしやすいトイをピックアップ。
価格と見た目、機能面でも手を伸ばしやすいトイをピックアップ。
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
「Amazon」が手掛けている生鮮食品スーパー「Amazon Fresh」がイギリス・ロンドンに新店舗をオープン。米国に10店舗を展開するこのスーパーが、...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
もっとセルフプレジャーを楽しんじゃおう!
2021年2月2日に米「Amazon」が発表したのは、過去最高益を更新したという決算報告と、敏腕経営者として名高いCEOの退任という驚きのニュースだった。
大手通販サイト「Amazon」が、飲食系の自社ブランドをスタートさせていたのをご存知だろうか?ブランド名は「Aplenty」。クラッカーやチョコレート、ミ...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
支払いの概念を覆すサービス「Amazon One」をご存知だろうか?これは、なんと“手のひら”だけで決済を終わらせる、画期的なサービス。このたび、スーパー...
eコマースのコンサルティングなどをおこなう「Pattern」が、コロナ禍における現金給付後に「Amazon」で売り上げを伸ばした商品を調べたところ、意外な...
「Amazon」が、またもや画期的な仕組みを開発。先月29日にお披露目された非接触型認証システム「Amazon One」は、手のひらをかざすだけで支払いが...
「Amazon」がバージニア州アーリントンに建設予定の第2本社ビルのデザイン詳細を公開した。地域社会と自然との共存を目指した近未来的なデザイン。
米Amazonは、小売りチェーン「KOHL'S」と貨物運送「UPS」の店舗で、返品の受付を始める。その際の、梱包から返送まですべて無料でやってくれるというのだ。
「Amazon」の純正スマートプラグ「Amazon Smart Plug」が7月15日(水)から販売。IoT化されていない家電が手軽にスマート化できるのが...
セックストイ「Palm」は、リングのように指にはめて携帯できるバイブレーター。バイブレーションは5段階に分けて使用が可能。ウォータープルーフ仕様で、充電器...
「Amazon」は、9月18日~23日に期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」をオープンする。場所は、天王洲のキャナルエリア。...
このアリーナは、ゼロウェイストで運営がおこなわれ、雨水を利用したもっとも地球に優しいアイスリンクを作る、世界で初めてのアリーナとなる予定だとか。
一応はペニスリング、だけど、いろんな使い方ができるマルチプレイヤー!
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
スマホアプリで遠隔操作できるセックストイが急増中。海外のショップに限らず最近は日本でもよく見かけるようになり、もはや定番といっても過言ではないのかも?今回...
アメリカのAmazonは、自動運転で飛行するドローンを使った配送を開始すると発表。「数カ月以内」にサービスを開始する予定です。
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
8月31日、米「Amazon」が「アメリカ連邦航空局(FAA)」からドローン配送サービスに対する認可を与えられた。これにより、かねてより構想を発表していた...
「え、こんなことも?」と思うようなユーモラスな機能をそなえたトイを5つご紹介。
「Amazon」は、同社の運営する無人レジ店舗「Amazon Go」の技術をグループ以外の小売店に提供するプログラム「Just Walk Out」を発表した。
“次世代型”ともいわれるほど高い機能を備えたアナル用のバイブレーションです。
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...