9.17は「Amazon社員」になるチャンス!?3万人採用する「Amazon Career Day」

今年もAmazonの「この日」がやってくる!

……といっても、セールが行われる「Prime Day(プライムデー)」などではない。

9月17日に実施すると発表されたのは、米国内で3万人の正社員採用をおこなうAmazon Career Day(キャリアデー)。バージニア州アーリントン、ボストン、シカゴ、ダラス、ナッシュビル、シアトルの6都市で同時開催となるが、勤務地は米国内すべてが対象。

年間10万ドル以上を稼ぐことができるソフトウェアエンジニアから、オンライン注文の梱包と発送を担当する倉庫スタッフまで、あらゆる職種を募集する。

この「9.17」は、Amazonにとって特別なものでなく、ここ数年、毎年のように同規模の採用がおこなっており、2017年には10万人を雇うプランもあったほど。現在では世界中で65万人以上を雇用している。

現在、Walmart Incに次いで米国で2番目に従業員数の多い民間企業になっているそうだが、来年もその先もこのペースで増員が続く見込みで、Amazonが1位になるのも遠くはなさそうだ。

Top image: © Smith Collection/Gado/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
「Amazon」は、9月18日~23日に期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」をオープンする。場所は、天王洲のキャナルエリア。...
米Amazonは、小売りチェーン「KOHL'S」と貨物運送「UPS」の店舗で、返品の受付を始める。その際の、梱包から返送まですべて無料でやってくれるというのだ。
アメリカのAmazonは、自動運転で飛行するドローンを使った配送を開始すると発表。「数カ月以内」にサービスを開始する予定です。
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
= HAPPY NUTS DAY = スケーターが手掛ける3ヶ月で3万個売れたピーナッツバター
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
8月6日、米Amazonは自動配達ロボット「Amazon Scout」の実運用をカリフォルニア州アーバインでスタート。実証実験を経て、自動運転による宅配の...
主婦である私からすると、テクノロジーの革新性なんてどうでもいい話。気になるのは、利便性や品揃えです。実際にお店に行って買い物してきました。
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
良い会社づくりにもっとも重要な「採用プロセス」。「Inc.」のJeff Haden氏によると、エジソンはこんな方法で人の本質を、一瞬で見抜いていたのだとか。
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
「スケートと落花生へのアプローチは一緒」? 九十九里のスケーターたちが始めた『HAPPY NUTS DAY』に迫る。
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...
「HAPPY DAY TRIP」と名付けられた九十九里でのイベント。彼らが手づくりする"ハッピー"って何だろう?どんな形で発信されているのだろう?それを探...