80歳の自分はなんて言うだろうか?Amazon創業者に学ぶ「決断」の極意

人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。

そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾスが起業を決断する際に用いたという「Regret Minimization Framework(後悔最小化フレームワーク)」という考え方を紹介しましょう。

80歳になって人生を振り返ったとき、後悔しない生き方とは?

“クレイジー”と思われた
オンラインの本屋さん

またたく間に私たちの生活の中に入り込んだ「Amazon」ですが、創業者のジェフ・ベゾスはもともと銀行(D. E. Shaw & Co.)で働いていて、上級副社長になるほどの成功を収めていました。

しかしジェフには、もうひとつの顔がありました。米・プリンストン大学でコンピューターサイエンスを専攻するほどの、いわゆるコンピューター“オタク”だったのです。90年代のIT革命の風を読み取っていたベゾスは、安定していた金融の職から離れ「オンラインのブックストア」を起業。

今ではAmazonの存在が当たり前になっているのでピンとこないかもしれませんが、本人も語るように、当時は、相当“クレイジーなアイデア”だったようです。

「やらない後悔」より
「失敗した後悔」のほうがいい

そんな、人生における大きな意思決定をする際にベゾスが用い程た考え方が「後悔最小化フレームワーク」というもの。

「あの時、ああしておけば良かったな」

「なんで挑戦しなかったのかな…俺」

など、とかく人生は後悔しがちです。以下は、ベゾスがAmazonの起業を振り返った時の言葉です。

「自分が80歳になった時、たとえ失敗したとしてもチャレンジしたことは後悔しないだろうと分かっていました。 

でももし挑戦しないままでいたら、それは後悔するだろうと思ったんです。そう考えたら、決断することは信じられないほど簡単でした 」

ベゾスは決して「無謀な挑戦をするべき」と言っているわけではありません。大切なのは、「本当に後悔しないか?」と自問することです。

あなたの意志は、あなたにしか決められないのですから。

オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
Amazonが9月17日に実施すると発表したのは、米国内で3万人の正社員採用を行うAmazon Career Day(キャリアデー)。6都市で開催されるの...
米Amazonは、小売りチェーン「KOHL'S」と貨物運送「UPS」の店舗で、返品の受付を始める。その際の、梱包から返送まですべて無料でやってくれるというのだ。
「Amazon」は、9月18日~23日に期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」をオープンする。場所は、天王洲のキャナルエリア。...
アメリカのAmazonは、自動運転で飛行するドローンを使った配送を開始すると発表。「数カ月以内」にサービスを開始する予定です。
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
主婦である私からすると、テクノロジーの革新性なんてどうでもいい話。気になるのは、利便性や品揃えです。実際にお店に行って買い物してきました。
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
8月6日、米Amazonは自動配達ロボット「Amazon Scout」の実運用をカリフォルニア州アーバインでスタート。実証実験を経て、自動運転による宅配の...
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
「サプライズ」「スイーツ」「プレゼント」。ひとつずつ聞いても魅力的な言葉なのに、全部が組み合わさったらどれほど素晴らしいでしょう。ここで紹介するのは、Am...
今や誰でも一夜、時には一瞬にして有名人になれる時代。ユーチューバーや人気ブロガー、読者モデル、ネットアイドル、ツイッタラー…顔を出そうが出さまいが、そこら...
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
アメリカで利用できる「Amazon Echo」は、人工知能「Alexa(アレクサ)」に声をかけるだけでいろいろなことができるデバイス。日本では発売されてい...