80歳の自分はなんて言うだろうか?Amazon創業者に学ぶ「決断」の極意

人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。

そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾスが起業を決断する際に用いたという「Regret Minimization Framework(後悔最小化フレームワーク)」という考え方を紹介しましょう。

80歳になって人生を振り返ったとき、後悔しない生き方とは?

“クレイジー”と思われた
オンラインの本屋さん

またたく間に私たちの生活の中に入り込んだ「Amazon」ですが、創業者のジェフ・ベゾスはもともと銀行(D. E. Shaw & Co.)で働いていて、上級副社長になるほどの成功を収めていました。

しかしジェフには、もうひとつの顔がありました。米・プリンストン大学でコンピューターサイエンスを専攻するほどの、いわゆるコンピューター“オタク”だったのです。90年代のIT革命の風を読み取っていたベゾスは、安定していた金融の職から離れ「オンラインのブックストア」を起業。

今ではAmazonの存在が当たり前になっているのでピンとこないかもしれませんが、本人も語るように、当時は、相当“クレイジーなアイデア”だったようです。

「やらない後悔」より
「失敗した後悔」のほうがいい

そんな、人生における大きな意思決定をする際にベゾスが用い程た考え方が「後悔最小化フレームワーク」というもの。

「あの時、ああしておけば良かったな」

「なんで挑戦しなかったのかな…俺」

など、とかく人生は後悔しがちです。以下は、ベゾスがAmazonの起業を振り返った時の言葉です。

「自分が80歳になった時、たとえ失敗したとしてもチャレンジしたことは後悔しないだろうと分かっていました。 

でももし挑戦しないままでいたら、それは後悔するだろうと思ったんです。そう考えたら、決断することは信じられないほど簡単でした 」

ベゾスは決して「無謀な挑戦をするべき」と言っているわけではありません。大切なのは、「本当に後悔しないか?」と自問することです。

あなたの意志は、あなたにしか決められないのですから。

関連する記事

2021年2月2日に米「Amazon」が発表したのは、過去最高益を更新したという決算報告と、敏腕経営者として名高いCEOの退任という驚きのニュースだった。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
「Amazon」が手掛けている生鮮食品スーパー「Amazon Fresh」がイギリス・ロンドンに新店舗をオープン。米国に10店舗を展開するこのスーパーが、...
5月9日、ニューヨーク市長・Bill de Blasio(ビル・デブラシオ)氏は、ニューヨーク市の住民だけでなく、市を訪れた観光客にも新型コロナウイルスの...
「Amazon.com」の創業者であるJeffrey Preston Bezos(ジェフリー・プレストン・ベゾス)が設立した航空宇宙企業「Blue Ori...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
「Amazon」が20億ドル(約2060億円)の資金を住宅建設計画に投資することを発表した。不動産事業を始めるため?いや、どうやら理由は別にあるようだ。
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
「Amazon」CEOのJeff Bezos氏が立ち上げた基金「Bezos Earth Fund」が、自然保護団体など16の組織のサポートを発表。その総額...
Facebookが去年立ち上げたNPEチーム(新製品実験チーム)が、新たにカップル向けのアプリ「Tuned」をリリース。恋人同士のプライベート空間を提供す...
大手通販サイト「Amazon」が、飲食系の自社ブランドをスタートさせていたのをご存知だろうか?ブランド名は「Aplenty」。クラッカーやチョコレート、ミ...
価格と見た目、機能面でも手が届きやすい、ひとつ目にオススメのトイを3つピックアップしました。
米「Amazon」は、先月末、プライムメンバー向けに「Watch Party(ウォッチパーティー)」という「Co-watching(共同視聴)」機能を提供...
米Amazonは、小売りチェーン「KOHL'S」と貨物運送「UPS」の店舗で、返品の受付を始める。その際の、梱包から返送まですべて無料でやってくれるというのだ。
「Amazon」が、またもや画期的な仕組みを開発。先月29日にお披露目された非接触型認証システム「Amazon One」は、手のひらをかざすだけで支払いが...
「Amazon」がバージニア州アーリントンに建設予定の第2本社ビルのデザイン詳細を公開した。地域社会と自然との共存を目指した近未来的なデザイン。
「Amazon」は、9月18日~23日に期間限定バー「Amazon Bar ~Tasting Fest~」をオープンする。場所は、天王洲のキャナルエリア。...
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
8月6日、米Amazonは自動配達ロボット「Amazon Scout」の実運用をカリフォルニア州アーバインでスタート。実証実験を経て、自動運転による宅配の...
「Amazon」の純正スマートプラグ「Amazon Smart Plug」が7月15日(水)から販売。IoT化されていない家電が手軽にスマート化できるのが...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
このアリーナは、ゼロウェイストで運営がおこなわれ、雨水を利用したもっとも地球に優しいアイスリンクを作る、世界で初めてのアリーナとなる予定だとか。
「Amazon」は、同社の運営する無人レジ店舗「Amazon Go」の技術をグループ以外の小売店に提供するプログラム「Just Walk Out」を発表した。
Amazonが9月17日に実施すると発表したのは、米国内で3万人の正社員採用を行うAmazon Career Day(キャリアデー)。6都市で開催されるの...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
「Amazonプライム・ビデオ」にてファッションリアリティ番組『MAKING THE CUT』が、2020年3月27日から配信される。優勝者が番組内でデザ...
8月31日、米「Amazon」が「アメリカ連邦航空局(FAA)」からドローン配送サービスに対する認可を与えられた。これにより、かねてより構想を発表していた...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...