Amazonがリアル店舗をオープン!データを駆使した運営が話題に

2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も前から噂こそされていましたが、ようやく開店しました。

Amazonが
リアル店舗をスタート

th_スクリーンショット 2015-11-11 11.01.04屋外ショッピングモールのユニバーシティービレッジ内にオープンしたこの店舗は、ポップアップストアのような期間限定のものではなく、休日以外、週7日毎日営業しています。

Gurdian」によると、書店の中では6,000タイトルもの本が販売されていて、基本的にはオンラインストアで高評価なものを取り扱っているそう。価格はネットで表示されているものと同じで、新品でも割引価格で買えるとか。

カスタマーレビューも分かる!
ネットと連動した店づくりth_スクリーンショット 2015-11-11 11.03.48

Amazonブックストアが他の書店と大きく違うところは、オンラインデータを取り入れていること。
カスタマーレビューや発行部数などが表示されているため、それを参考にしながら本を購入することができます。

オンラインで評価が高い4.8星以上がついている本を紹介するコーナーから、ネットユーザーが投票した死ぬまでに読んでおきたい100冊をまとめた本棚まで、企画も充実。 The Verge」によると、第1店舗目が成功したら他地域でもAmazonブックストアを開くことを検討しているのだとか。

オンラインストアの成功によって、多くの書店を潰してきたと言われているAmazon。今回テスト的にスタートした“リアルな書店”が、実店舗の新しいロールモデルを提示してくれるか期待したいですね。

Reference:Amazon , GurdianThe Verge , @abhorson, @andrwyng
Licensed material used with permission by @yellowglasses , @anchorandlore

主婦である私からすると、テクノロジーの革新性なんてどうでもいい話。気になるのは、利便性や品揃えです。実際にお店に行って買い物してきました。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
現在、Amazonが慈善事業の一環として、8階建の巨大なホームレスシェルターを建設している。場所は、Amazon本社のすぐ近くであるシアトルの中心地。
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。