使い道は和食だけじゃない。「みりん」でフルーツを煮ると絶品だった・・・

和食を作るうえで欠かせない調味料のひとつ「みりん」。じつは、意外と知られていない使い方があります。それは「フルーツをみりんで煮込む」というもの。なんとこれで、絶品スイーツが作れるのです。

オススメの
フルーツは3つ

「みりん」でひたひたのフルーツを中火で煮立たせ、さらにふつふつするくらいに火力を加減してから5分。あとは粗熱を取り、冷蔵庫で冷やすだけです。

実際に作ってみた「フルーツのみりん煮」がこちらです。

01.みりん×冷凍マンゴー

甘みのあるマンゴーにみりんが加わり、とろけるような濃厚な甘さに。

02.みりん×冷凍ベリーミックス

ベリーミックスの甘酸っぱさにみりんが加わることで、甘さが少しプラスされ、絶妙なバランスに。

03.みりん×ミニトマト

爽やかな酸味が特徴のミニトマトにみりんを加えると、夏の暑い日に食べたくなるさっぱりスイーツに変身。

「フルーツのみりん煮」はそのまま食べてもおいしいですが、ヨーグルトやアイスにのせても絶品ですよ。

他の記事を見る
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
サラダやドライカレーにトッピングするレーズンは見慣れていても、これをバルサミコ酢に漬け込むというのはあまり聞いたことがないかもしれません。甘酸っぱさが引き...
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
「ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?」っていう本、知ってる? 北九州市立大学准教授の、アン・クレシーニさん(通称:アンちゃん)が書いた本なんだけ...
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
そこで、手軽に楽しめる「フルーツジェンガ」ならいかがでしょう。難しく見える?じつはこれ、カットしたフルーツをジェンガ状に互い違いにのせただけ。
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
メキシコ本場の味が三軒茶屋で。 手作りの青いタコスの専門店LOS TACOS AZULES〒154-0011 東京都世田谷区上馬1丁目17-9https:...
アメリカやイギリスを中心に、海外ではスイーツ感覚で食べられている「ライスプディング」。あれ苦手という声をよく耳にします。日本人からしてみれば、お米を牛乳で...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
冷蔵庫を開けた時に、アスパラガスしかない……。でもお腹を満たしたいし、おいしい料理が食べたい!ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応...
一人暮らしだと、パックで買った牛乳が余ってしまうことってありますよね。そんなときは「練乳」をつくるのがオススメです。冷たいフルーツやスイーツにかけて、楽し...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
日本の夏の風物詩に、かき氷を欠くことはできません。でも氷で涼を得るのは、東南アジア全般でもあります。たとえばインドネシア、「エス・ブア」というフルーツたっ...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...