「本みりん」で作ったほうじ茶のリキュール

「みりん」とは何か?を正確に答えられる人がどれだけいるだろう。そんな人に向けて創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が“飲むみりん”を開発。

パッケージも味わいも......意外といいんです

この「Rincha」は、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール。アルコール度数は13%。お酒のように楽しむみりんだ。

©九重味淋株式会社

ベースとなるのは、ウイスキーの木樽で熟成させて作る「まろりか」。業界初!と注目の樽貯蔵本みりんは、木樽特有の樽香をまとい、味や風味にまろやかさが増す。これに同郷西尾産のほうじ茶をシンプルに漬け込んだだけ。

みりんとほうじ茶の斬新な組み合わせだが、これが食前酒にも就寝前のナイトキャップとしても飲みやすい。もとより、角のないまろやかさこそみりんの持ち味。香ばしいほうじ茶と相まったリキュールは、どこまでも優しい。

余談だが江戸時代中頃、みりんは女性向けのお酒として親しまれていたという。もちろん、現代のみりんだって飲むに値する。

というわけで、キンキンに冷やしてストレートで飲むもよし、炭酸ミルクで割るもよし。300mlは985円(税込)750mlは1980円(税込)

碧南市の直営店か、公式通販サイトで販売中。

©九重味淋株式会社
©九重味淋株式会社

『Rincha ほうじ茶のお酒』

【購入ページ】https://www.kokonoe-shop.com/fs/kkne1772/c/rincha

Top image: © 九重味淋株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、2020年に発売された注目のアルコール飲料を5つ紹介...
佐賀県の「小松酒造」がつくる飲むみりん「のみりんこ」は、ブルーチーズとの相性も抜群でワイン好きにもおすすめだ。トロリと濃厚でありながら日本酒に通ずる芳醇な...
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...