「本みりん」で作ったほうじ茶のリキュール

「みりん」とは何か?を正確に答えられる人がどれだけいるだろう。そんな人に向けて創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が“飲むみりん”を開発。

パッケージも味わいも......意外といいんです

この「Rincha」は、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール。アルコール度数は13%。お酒のように楽しむみりんだ。

©九重味淋株式会社

ベースとなるのは、ウイスキーの木樽で熟成させて作る「まろりか」。業界初!と注目の樽貯蔵本みりんは、木樽特有の樽香をまとい、味や風味にまろやかさが増す。これに同郷西尾産のほうじ茶をシンプルに漬け込んだだけ。

みりんとほうじ茶の斬新な組み合わせだが、これが食前酒にも就寝前のナイトキャップとしても飲みやすい。もとより、角のないまろやかさこそみりんの持ち味。香ばしいほうじ茶と相まったリキュールは、どこまでも優しい。

余談だが江戸時代中頃、みりんは女性向けのお酒として親しまれていたという。もちろん、現代のみりんだって飲むに値する。

というわけで、キンキンに冷やしてストレートで飲むもよし、炭酸ミルクで割るもよし。300mlは985円(税込)750mlは1980円(税込)

碧南市の直営店か、公式通販サイトで販売中。

©九重味淋株式会社
©九重味淋株式会社

『Rincha ほうじ茶のお酒』

【購入ページ】https://www.kokonoe-shop.com/fs/kkne1772/c/rincha

Top image: © 九重味淋株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、2020年に発売された注目のアルコール飲料を5つ紹介...
佐賀県の「小松酒造」がつくる飲むみりん「のみりんこ」は、ブルーチーズとの相性も抜群でワイン好きにもおすすめだ。トロリと濃厚でありながら日本酒に通ずる芳醇な...
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
高級ホテルチェーン「ローズウッドホテルズ&リゾーツ」が日本初進出となる「ローズウッド 宮古島」を2024年に開業すると発表した。
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
お酒のオンラインストア「KURAND」からアイスクリーム専用のお酒「罪-TSUMI-(つみ)」が発売中。
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だ...
広島県・鞆の浦の特産品である「保命酒」。かつてあの坂本龍馬やペリー提督、島根の世界遺産・石見銀山で働く人たちも飲んだとされており、みりんに十六種類の薬味を...
総合酒類メーカーの「明利酒類」は、焼き芋の凝縮された甘みに注目して研究開発を進め、新感覚の焼き芋カクテル“酔う焼き芋”を完成させた。さつまいものなかでもっ...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
先月発売された「ワイングラスで飲む純米大吟醸6蔵」は商品名が示す通り、純米大吟醸で揃えた日本酒はどれもフルーティーで香り高くワインのようにグラスで愉しめる...