「本みりん」で作ったほうじ茶のリキュール

「みりん」とは何か?を正確に答えられる人がどれだけいるだろう。そんな人に向けて創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が“飲むみりん”を開発。

パッケージも味わいも......意外といいんです

この「Rincha」は、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール。アルコール度数は13%。お酒のように楽しむみりんだ。

©九重味淋株式会社

ベースとなるのは、ウイスキーの木樽で熟成させて作る「まろりか」。業界初!と注目の樽貯蔵本みりんは、木樽特有の樽香をまとい、味や風味にまろやかさが増す。これに同郷西尾産のほうじ茶をシンプルに漬け込んだだけ。

みりんとほうじ茶の斬新な組み合わせだが、これが食前酒にも就寝前のナイトキャップとしても飲みやすい。もとより、角のないまろやかさこそみりんの持ち味。香ばしいほうじ茶と相まったリキュールは、どこまでも優しい。

余談だが江戸時代中頃、みりんは女性向けのお酒として親しまれていたという。もちろん、現代のみりんだって飲むに値する。

というわけで、キンキンに冷やしてストレートで飲むもよし、炭酸ミルクで割るもよし。300mlは985円(税込)750mlは1980円(税込)

碧南市の直営店か、公式通販サイトで販売中。

©九重味淋株式会社
©九重味淋株式会社

『Rincha ほうじ茶のお酒』

【購入ページ】https://www.kokonoe-shop.com/fs/kkne1772/c/rincha

Top image: © 九重味淋株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事