まるでプリン!「元祖たまご酒」の意外な味にハマる

池波正太郎の時代劇ものを読んでいると、ちょいちょい登場するのが「たまご酒」。少し風が冷たくなってきたり、疲労回復が必要になると、江戸の庶民はこれを愛飲していたようだ。
風邪でも引かない限り(いや、引いたって)今じゃ出番がなさそうだけど、これは定番にしたい。いや、むしろ普段からでもいきたくなる。

“お酒”というより、
もはやスイーツ感覚

©2018 TABI LABO

本来たまご酒とは、砂糖を加えて溶いた卵に温めてアルコールを飛ばした日本酒を注いだもの。カラダの芯まで沁みわたる温かさで、思いの外すっきりした飲み口が身上だ。カプチーノのような泡立ちも悪くない。

それに引きかえ、この「元祖たまご酒」はドロッと濃厚。にごり酒のような舌触りも意外。特質すべきはその味わい。まるでカスタードプリンではないか!ドロッをジュルッ、いくらでもいけてしまうから怖い。

扱いとしては「リキュール」。ゆえにカクテルベースとしても活用できる。
牛乳で割るとほぼミルクシェイクだし、ジンジャーエールなど炭酸割りもいける(爽快さが加わり斬新)。あるいはシナモンで香りを演出したり、アイスに垂らすなんていうのもアリ。

母から子への“家庭の医学”的なイメージは、もはやそこになし。飲み方やアレンジを自在に楽しむ、新たなたまご酒とのつき合い方に出会えるはずだ。

元禄年間創業の仙台を代表する酒造メーカー<勝山酒造>でつくられているこの商品、代々受け継がれて生きた昔ながらの製法らしいが、材料は純米酒・鶏卵・砂糖のみのオーソドックスなスタイルだ。
ただし、アルコール度数は10度〜11度とそこそこ。するする飲めるからといっていい気でいると大変なことになってしまうのでご注意を!

オンラインショップから購入可能。一度でハマる人、多いんじゃないかな。

Top image: © 2018 TABI LABO

関連する記事

「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
三重県鈴鹿市の養鶏農家「エッグハウス川北」がつくる「たまごジャム」
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...