まるでプリン!「元祖たまご酒」の意外な味にハマる

池波正太郎の時代劇ものを読んでいると、ちょいちょい登場するのが「たまご酒」。少し風が冷たくなってきたり、疲労回復が必要になると、江戸の庶民はこれを愛飲していたようだ。
風邪でも引かない限り(いや、引いたって)今じゃ出番がなさそうだけど、これは定番にしたい。いや、むしろ普段からでもいきたくなる。

“お酒”というより、
もはやスイーツ感覚

©2018 TABI LABO

本来たまご酒とは、砂糖を加えて溶いた卵に温めてアルコールを飛ばした日本酒を注いだもの。カラダの芯まで沁みわたる温かさで、思いの外すっきりした飲み口が身上だ。カプチーノのような泡立ちも悪くない。

それに引きかえ、この「元祖たまご酒」はドロッと濃厚。にごり酒のような舌触りも意外。特質すべきはその味わい。まるでカスタードプリンではないか!ドロッをジュルッ、いくらでもいけてしまうから怖い。

扱いとしては「リキュール」。ゆえにカクテルベースとしても活用できる。
牛乳で割るとほぼミルクシェイクだし、ジンジャーエールなど炭酸割りもいける(爽快さが加わり斬新)。あるいはシナモンで香りを演出したり、アイスに垂らすなんていうのもアリ。

母から子への“家庭の医学”的なイメージは、もはやそこになし。飲み方やアレンジを自在に楽しむ、新たなたまご酒とのつき合い方に出会えるはずだ。

元禄年間創業の仙台を代表する酒造メーカー<勝山酒造>でつくられているこの商品、代々受け継がれて生きた昔ながらの製法らしいが、材料は純米酒・鶏卵・砂糖のみのオーソドックスなスタイルだ。
ただし、アルコール度数は10度〜11度とそこそこ。するする飲めるからといっていい気でいると大変なことになってしまうのでご注意を!

オンラインショップから購入可能。一度でハマる人、多いんじゃないかな。

Top image: © 2018 TABI LABO
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
友達を呼ぶホームパーティでの飾り付けや、自分へのご褒美としてちょっとエレガントに過ごしたい時。Kickstarterで紹介されている、たまご型のポータブル...