「イースター」を口実に、元カレ元カノに「復縁」依頼ッ!

宗教なんて関係なく「クリスマス」や「ハロウィン」を年の一大イベントとして盛大に楽しむ私たち。でもなぜ「イースター」には全く興味を示さないんだろう。てか、そもそもいつだっけ?

そうなる理由は、やっぱり他の2つのイベントに比べて、連想するコンテンツが弱いからだと思うんです。

「クリスマス」=プレゼント、愛する人と過ごす日
「ハロウィン」=仮装、承認欲求を満たす日
「イースター」=?

こんな具合に。

いやいや、
「エッグ」があるじゃない?

しいてあげるなら、もちろん「たまご」。

ヒヨコが殻を破って出てくる姿が「命」の象徴といえ、イエスの復活を祝うこの日に縁起物として扱われています。

でもそのたまごにイラストを書いたところで、地方のショッピングセンターでありそうな「ぬりえイベント」でしかないから、もっと他の方法はないものか。

ということでこれはいかが?

本物の「殻」に守られた
チョコレート

中身が茶色!そうエッグチョコ。

スーパーのお菓子コーナーでオモチャ入りのものをたまに見かけるけど、これは本物の殻の中にプラリネチョコレートがぎっしり入った本格派。

たまごの下部から白身と黄身を出しているんだとか。

1年なんてあっという間だから、楽しいイベントは少しでも多い方がいい!
まずはこんなお菓子をきっかけに、「イースター」を少しずつでも楽しめたらいいな。「復活」祭だけに、元カレ元カノに贈ってみるのもいいかも(笑)

ちなみに、2018年のイースターは「4月1日」ですよ〜。

Licensed material used with permission by Pandora Bell
andmore
他の記事を見る
ケンカや遠距離など、何らかの事情で別れることになってしまった彼氏や彼女。でも、元カレや元カノが忘れられない。占いやタロットで、元カレや元カノとの相性が抜群...
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...
比べても仕方がない、と頭ではわかっていても「彼氏ってなんで元カノと別れたのかな、復縁したらどうしよう」「私と元カノどっちのほうが好きなのかな、どうしたら私...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
お店に元カレもしくは元カノの写真を持っていき、シュレッダーにかけて切り刻んだら、バッファローウィングがタダになるクーポンをもらえます。
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
使えるものは再利用したほうがいいし、ずっと持っていることで新しい恋人と気まずくなったり、思い出が蘇って苦しくなるくらいなら、大事に使ってくれる人に渡したほ...
元カレからメールがきた。元カレが夢に出てきた。遠距離で仕方なく別れたけれど、どうしても彼氏を諦めきれない。やっぱり友達関係じゃ満足できない。色んな理由で、...
元カレ元カノに、街でばったり。あまりに突然すぎてうまく振る舞えず、あのときなんであんなことを言ってしまったんだろう…と後悔したことがある人も多いはず。そん...
アメリカの動画メディア「Cut」の人気の「真実かショット」シリーズで、元恋人同士が行う第2弾。別れた理由、今の関係の話、そして将来の話などと、本音で語り合...
アイルランド南部の町にある小さなカフェが、イースターに向けたとびきりスウィーティーなタマゴ入りコーヒーを考案し、Instagramに投稿しました。なんでも...
元彼の気持ちを、もう一度自分に向けたいと考えている方必見です。復縁につながる効果的なメールの内容を、シチュエーション別にご紹介していきます。電話とメールど...
元カレ(元カノ)とよりを戻すこと自体、アリかなしかの議論はさておき。たいがい、うまくいかきそうで結局は、いい結果が得られないのがこの「よりを戻す」だと思う...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
別れた元彼が「友達でいよう」と言ってきたら、あなたはどうする?簡単に「YES」と言うことを考え直すことをオススメしたい理由がある。オークランド大学の研究結...
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
人は、覚えているいないにかかわらず、ほぼ毎日夢を見ています。夢は現実であったことを整理するために見るものだとか、そのときの心身の状態を表すと言われますが、...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
自由を愛するマイペース【水瓶座】のアナタに読んで欲しい、星占い。元銀座ホステスにして、開運アドバイザー&占い師の藤島佑雪が5月をどう暮らしていくかお心添え...
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...