たまご

友達を呼ぶホームパーティでの飾り付けや、自分へのご褒美としてちょっとエレガントに過ごしたい時。Kickstarterで紹介されている、たまご型のポータブル...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...
1年なんてあっという間だから、楽しいイベントは少しでも多い方がいい!ちなみに2018年のイースターは「4月1日」ですよ。
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
シンプルに言ってしまうと、ただの「納豆たまごかけごはん」。それでも、この一杯には“人を励ます力”があります。朝からニコニコ!栄養価的にも最高のごはんなんと...
ニューメキシコ州アルバカーキに、究極の「光る泥だんご」を追い求め、日々研究と実験を重ねている男がいる。ブルース・ガードナーだ。きっかけはある人物からこの「...
ふたご座ほど、人の興味をそそり、相手をワクワクさせる性格の持ち主は他にいません。女性有名人なら、マリリン・モンロー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・...
過去に、5月21日〜6月20日生まれの「ふたご座」と付き合ったことがある人なら、思わず頷いてしまう、あるある。自身もふたご座であるというライターのAlic...
冬は空気が澄んで、夜空がとても美しい季節。なかでも「ふたご座流星群」は、観測できる流星の多さや、肉眼でも観えるほどの明るさで人気を集めています。それではさ...
男性のみなさん、あなたの彼女は何座ですか?もし「ふたご座」なら、決して手放してはいけませんよ。その理由を、ライターArianna Jeret氏が「Your...
なんでも感情的になる人って、少し面倒…。そう感じる人におすすめなのが、物事に執着せず、自由奔放な「ふたご座」です。(5月22日〜6月21日生まれ)ライター...
りんごを使ったスイーツは数あれど、これもオススメのアレンジです。「りんごバター」。あま〜い果肉の風味が加わったバターのおいしさは、レモンカードにだって引け...
思わず、「これは知りたかった!」と歓喜してしまう“表”がTwitterで話題。なんと、茹で時間ごとの卵の状態が、一目で分かってしまう画期的なものなのです!...
スーパーのたまご売り場で見かける『ヨード卵・光』。じつは今年販売開始から40周年を迎える、日本初の「ブランド卵」なんです。長く日本の食卓で愛され続けてきた...
東京・秋葉原にある「日本百貨店しょくひんかん」にて、今週末14日〜16日に開催されるのは、昔食べていた思い出のローカルパンや、地元民に愛され続ける人気パン...
いつでも気分よく生活するなんて絶対ムリ!なんて思ってはいませんか?もちろん、人生は山あり谷ありですから、つらいことや悲しいこともありますが、ANAで25年...
活動が活発で一晩中観察できることから、非常に人気のある「ふたご座流星群」。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」のひとつであるそ...
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...
日々すくすくと成長していく子どもの姿は、動画や写真でどんどんスマホに溜まっていきます。でも、忙しかったり、実家が離れていると、子どもの近況を伝えるのも一苦...