一度食べたら止まらない「たまごジャム」

朝食に卵といえば、目玉焼きやオムレツ、スクランブルエッグをイメージするが、卵を使ったジャムという発想はあるだろうか?

三重県鈴鹿市で家族経営する小さな養鶏場「エッグハウス川北」がつくる「たまごジャム」。産みたて新鮮卵をふんだんい使い、生乳と砂糖を加え、そこにレモンをしぼる。濃厚な卵のコクとレモンの酸味が相まった味は、一度食べたら止まらないおいしさ、なんだそう。

©Makuake
©Makuake

カスタードクリームよりもさらに濃い黄色。写真からも、もったり感が伝わってくる。これをトーストに合わせてよし、シフォンケーキクッキーに添えてよし、他にもサラダのドレッシングに加えるなんて使い方もいいみたい。

当然ながらジャムのおいしさは卵から来ているはず。というわけで簡単に紹介すると、通常の養鶏の倍以上の広さで飼育されたストレスフリーの鶏のなかでも、日齢300日以内の鶏が産む卵だけを選別。通常よりゆったり生活することは、卵の旨味だけでなく甘味にも大きく影響するんだそう。

「300日の幸せ卵」として市販もしているこの卵を使ってつくったのが「たまごジャム」。もちろん加糖はしているが、卵本来の甘さを存分に感じられる仕上がりが、とにかく気になって仕方ない!

さて、「たまごジャム」は100g入りで1800円(税込)での販売。「300日の幸せ卵」を使った「シフォンケーキ」とのセットもある。詳しくは以下のURLより。

たまごジャム

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/egghouse/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
話題のスーパーフードだってことはわかっていても、どう食べていいかまではよくわからない。ということで、チアシードを使ったジャムのご紹介。
静岡の洋菓子店「Poco a Poco(ポコアポコ)」が作る、まるでマニキュアのようなデザインの小瓶に豊かな香りのこだわりジャムを詰めた「極上の香るジャム...
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
「TOKYO BINZUME CLUB」は、週末に開催されている青山のファーマーズマーケットで、可愛くパッケージされたジャムやジュースを販売。年内にはEC...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
「オリエンタルランド」が北海道で栽培している完熟いちご「摩周ルビー」が、表参道に店舗を構える生はちみつ専門店「MYHONEY」とコラボレーション。
デンマークのアウトドアブランド「ノルディスク」は、広大なアウトドアフィールド「Hygge Circles Ugakei by Nordisk」を2021年...
2020年5月、世界初となる「たまごかけごはんアンテナショップ」が「日本たまごかけごはん研究所」全面プロデュースのもとオープン。全国からおいしい卵、醤油、...
食べ過ぎ注意です。でも、止まらないおいしさなんです。
今週3日(水)、三重県はLGBT(性的少数者)への差別を禁止する条例を制定し、そのなかに“アウティング”の禁止条項を盛り込む方針であると表明した。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
ご当地に行くたびジャムを買ってしまう私は、トーストを焼いている間に「今日はどのジャムを使おうかな」と選ぶのが、朝のちょっとした至福。でも久々に使おうとして...
都内からも近く、ご当地グルメもたくさんあり、自然溢れる観光資源に恵まれた街「山梨県」の魅力をお届けします!
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...