明石信之さんと♪第2回「JAM kitchen」しちゃいました

週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有したい!そんな声もたくさんあがります。

…ということで、スタートしたのが「ゲストを呼んで、しかもその人にとびきりおいしいごはんを作ってもらおう!」という、かなりおまかせなランチ企画「JAM kitchen(ジャム・キッチン)」です。

第2回ゲストは
「日本のアドテクの牽引者」
明石信之さん

E30cfc39da0fa1fbf8a28b6e40c95136483e8ccb5fbfcd2048732749b7f181a8f57f20fa1aaee122

そんなむちゃぶりを引き受けてくれた第2回のゲストは、弊社最高技術顧問の明石信之さん。Yahoo! JAPANの元CTOであり、現在はフリークアウトホールディングスの執行役員も務めている「日本のアドテクの牽引者」です。
これまでにも*LFMPで何度かパーティごはんを作っていただきましたが、その絶対にハズさない安定感のある味に惚れ込み、厚かましくもオファーしたところ、さらっとOKをいただきました。

*LFMP=毎月末に納会として開催している、社員が料理の腕を競い合う社内イベント。「Last Friday Meet up Party」の略。

冷めても美味しい、男飯!

7600a4ea0c11ae0514a87a6124980f8864e70206

【今日の献立】

・ソースカツ丼
・豚汁

平日のオフィスランチでは、はじめてのカツ丼。それに豚汁だなんて、申し分ない最高の定食です。さっそく調理ポイントを聞きながら、TABI LABOスタッフも一緒にジャムっていきます。

E51801651b61c21c38ee3d7e6604883ad224ea34

まずは豚汁から。鍋にたっぷりのごま油をしき、ごぼうから炒めるのが明石さん流。じゃがいも、人参、こんにゃく、豚バラ、玉ねぎ、最後にお豆腐を入れます。あとはほんだしとお味噌を入れてぐつぐつ煮込むだけ。

C73c3cf48dcc268ff6e974d13274cbd9f1bc5545

次はとんかつ!まずお肉のスジ(脂身と赤身のさかいにある)を切り、包丁の背を使って全体をたたきます。さらに塩とコショーで下味を。

コショーは「え、こんなにいいの!?」ってくらいまぶしてね。

Ac59e2e7e1b37e183129623b50224627bd796fba

そして小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて揚げていきます。溶き卵に少量のお水を入れると仕上がりがサクッとするのだそう。

4b0fa7e3429f10fd7cc913d34d9f5361769ab872

ソースカツ丼のキモ、ソースはもちろん手作りで。まずは温まった鍋にたんまりと酒を注ぎ、アルコールを飛ばします。ウスターソース、みりん、しょうゆ、ケチャップ、鰹節、上白糖も追加。それぞれどれくらいの量を入れるんですか?と聞いたところ…

目分量です!(キッパリ)

さすが、男飯。

C00c2ba9d8c08155162af813644a120b44110f60

完成!

ソースのいい香りに導かれてか、集合がいつもより早かったような。では、早速みんなで「いただきまーす!」。

540be03c525258d2463680155c1e67be08be2e35

下準備を丁寧にしたからお肉はちゃんとやわらかい!たっぷりふりかけたコショーのスパイシーさも、かつお香るソースといい感じにマッチしています。

少し薄目に味付けられた豚汁との相性は、交互に食べるとつい箸が止まらなくなり、腹12分目まで食べてしまいそうなほどバッチリ。

A61a558320532873d92b136e9d33e9a1deacfe37

男料理でありながら、実家のお母さんが作ってくれるごはんのような温かさを感じました。

もう僕は豚汁だけで満足です(笑)

55be6f8df8045b570606c56fd35530214f65b4f0

ひたすら30枚のカツを揚げ続けて、定食屋のおじさんになった気分だったよ。JAM Kitchenじゃなくて、Gym Kitchenだね…。

明石さん、当分とんかつは作りたくないそうです(笑)。また、揚げていたらお腹いっぱいになってしまい、豚汁2杯で満腹だと言っていました…。ほんっっとうにありがとうございました!

A142729e24f0e1078153c09b39caed4b6e9734f8

「おかわりないの?」なんて贅沢な声も聞こえてきつつ、社員一同大満足だった第2回「JAM kitchen」。
ゲストは毎回入れ替えで、食に強いこだわりのある方から「え、そんな人が来てくれるの?」という意外な方まで、月に1度のペースで開催予定。

これからもTABI LABOは同じ釜のメシで、ジャムっちゃいます!

39be9b850307e4297e221983b2fba0fcb3d1bf18

TABI LABOで一緒に働きませんか?

現在TABI LABOでは、同じ釜のメシを食べながら一緒に成長していけるスタッフを募集しています。

F079081cf2849b2fc105f4246f1756620e90a047

Photo by Yamasaki Koki(TABI LABO)

オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
2008年、東京・南青山のビルの一室にオープンした靴磨き専門店「Brift H(ブリフトアッシュ)」。その創立者の一人が、明石優という人物だ。目の肥えたハ...
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルのワークショップを開催します。
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
「靴磨きを毎日の歯磨きくらい当たり前のことにしたい。ちゃんと手入れすれば、20年は履けますよ」。先日公開したインタビュー記事の中で、このように述べている靴...