本音が読めないからこそオモシロイ。「ふたご座」の10の魅力

なんでも感情的になる人って、少し面倒…。そう感じる人におすすめなのが、物事に執着せず、自由奔放な「ふたご座」です。(5月22日〜6月21日生まれ)

ライターのRebekah Buegeさんは、そんな彼らの「10の魅力」について「Elite Daily」にまとめています。何よりも楽しさを優先する彼らとなら、もっとラクな気持ちで長く一緒にいられるかも。

01.
陰口を言わない

「ふたご座」は陰口を嫌うので、はっきりとその場で本音を言います。言わなくてもいいことを口走ってしまったり、度を超えた正直さは逆に笑えてしまうほど。

そんな正直者な彼らでも、じつは大切な人にしか見せない一面があります。それもまた魅力。

02.
何に対しても挑戦する

楽しさを重視して、挑戦することをためらわない「ふたご座」。アクティブすぎる彼らの行動には、たまについていけなくなることも。

でも一緒に楽しむことができたら、今までにないくらい新しくて刺激的な経験ができるはず。

03.
何事も恐れない

ある程度は自由がないと窮屈に感じてしまうらしく「ふたご座」は思い立ったらすぐ行動に移すタイプ。リスクなんて関係ない、怖いもの知らずの彼ら。周りに構わず突き進んでいくでしょう。

自由を尊重してあげれば、もっと信頼してくれますよ。

04.
誠実であれば
向き合ってくれる

ウィットに富んだ話し方からもわかるように、知的な人が多い「ふたご座」。

観察力が鋭く、本性を見破るために相手を試したりすることも。あなたが信頼できる人だとわかれば、少しずつ本音で接してくれるようになるでしょう。

知れば知るほど魅力的な彼らの本心にたどり着けるのは、ほんのひと握りなのです。

05.
サプライズが好き

冒険心と好奇心の塊のような「ふたご座」と一緒なら、ずっとワクワクしていられます。そして、社交的なのになかなか心を開いてくれないのも彼らの特徴。

少しずつ知ることのできる新たな一面は、新鮮そのもの。付き合って数年経っても、まだまだ隠された一面があるかもしれませんよ。

06.
依存しない

「ふたご座」は、たくさんの人と交流するべきだと思っています。それは、常に変化を求めているから。だから相手を束縛することはないのです。

07.
ケンカが強い

頭の回転が早く賢いので、気づいたら言葉で叩きのめされるなんてことも…。

口がうまい人って敵に回したくないですよね。

08.
昔の恋人のことは
きっぱり消去

新しく出会う人もいれば、去る人もいて当然。そう考え、変化を楽しむ「ふたご座」は、飽きたらすぐ次に移り変わるタイプ。そのせいか、そこまで失恋で落ち込むこともないのです。

切り替えが早いので、前の恋愛のことでも感情的にならず話してくれるのも嬉しいところ。どんな恋愛が好きで、どんな恋愛が嫌いなのか、簡単に聞き出せるのはラッキー。

09.
「楽しい」に
お金をかけられる

誰かのライブやタヒチでの一週間飲み放題サービス。一瞬で終わるイベントだって、「楽しい時間」のためならお金をかけるでしょう。

だからといって、決して無責任なわけではありません。ただ人生を楽しく生きたいだけなんです。

10.
着眼点が面白い

変化に安心すら感じる「ふたご座」は、ひとつの場所に長く留まることができないでしょう。とにかく後悔しないように、思い立ったらすぐ行動。

そんな活発な彼らも、じつはとても現実的なのです。話を掘り下げていくと、そのしっかりとした考え方に、思わず関心してしまうはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ふたご座ほど、人の興味をそそり、相手をワクワクさせる性格の持ち主は他にいません。女性有名人なら、マリリン・モンロー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・...
過去に、5月21日〜6月20日生まれの「ふたご座」と付き合ったことがある人なら、思わず頷いてしまう、あるある。自身もふたご座であるというライターのAlic...
男性のみなさん、あなたの彼女は何座ですか?もし「ふたご座」なら、決して手放してはいけませんよ。その理由を、ライターArianna Jeret氏が「Your...
「Elite Daily」のRebekah Jakobs氏が綴った、ふたご座と付き合うのが楽しい理由という記事が、ズバリ彼らの特徴を言い当てているとアメリ...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
冬は空気が澄んで、夜空がとても美しい季節。なかでも「ふたご座流星群」は、観測できる流星の多さや、肉眼でも観えるほどの明るさで人気を集めています。それではさ...
「Elite Daily」の女性ライターAlice Panikian氏が書いたふたご座の人に共通する特徴が、アメリカで話題になっています。曰く、5月21日...
12星座の特徴や性格から、どんな仕事に向いているかという星座占い。おひつじ座は自発的に動けるような仕事、おうし座は着々とできる仕事、ふたご座は好奇心を刺激...
すべての人に当てはまるというわけではありませんが、「傾向」として気になるこちらの記事。ライターCaithlin Pena氏が「YourTango」にまとめ...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
活動が活発で一晩中観察できることから、非常に人気のある「ふたご座流星群」。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」のひとつであるそ...
夜空に、今年ラストから2番目の流星群が訪れるのは12月13日。「ふたご座流星群」。極大は14日の16時頃。明るくてこの時間には見えないけれど、日本ではAM...
ギリシャ神話に見るエロスとは、愛と性欲の神。でも、現代においては「エッチがしたくてしょうがないカップルを描写する言葉」だと、ど直球に訴えかけるのはライター...
今のパートナーにいまいち満足できない、本当に幸せなのか分からない、何だか無理をしている気がする…それは、そもそも恋愛へのアプローチ方法が間違っている可能性...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
乙女座は、星座別の性格診断などによると「細かくて融通が効かない」と思われがちです。でも実際は、もっとも効率的な性格の持ち主なのだとか。8/23-9/22に...
12星座の中から、それぞれの性格を判断し「もし世界がその星座の人々ばかりであったら、どんな世界になるのか」という記事を紹介。おひつじ座ならば、パーティー好...
彼女がまとめたのは、「星座別セックススタイル」。当たっていようとそうでなかろうと、クスッと笑える内容です。星座でわかるわけない、なんてごもっともなツッコミ...
多くの雑誌に載っている星占いは「今月の運勢」ですが、これからご紹介するのはひと味違う「星座別“かわいいところ”」。Christine Schoenwald...
星座カレンダーでも一番最初に出てきて、エネルギッシュ、情熱的、力強い性格といった傾向がある、おひつじ座(3月21日〜4月19日生まれ)。おひつじ座の、エマ...
現在恋愛中の人もこれからの人も、ライターChrissy Stockton氏が「Thought Catalog」にまとめた記事は必見!?というのも、12星座...
「Higher Perspective」に掲載された、「12星座別の性格」。当然すべての人に当てはまるなんてことはないものの、「なんとなく当たっているかも...
星座は、あなたが付き合うべき人と、避けるべき人を明らかにしてくれます。自分と相性の悪い人物と付き合って気付いたときには遅すぎる…なんてまっぴらでしょう?恋...