【12月14日】「ふたご座流星群」を、六本木ヒルズの屋上から眺めるなんてどう?

活動が活発で一晩中観察できることから、非常に人気のある「ふたご座流星群」。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」のひとつであるそれは、毎年12月13日から14日頃を中心に観測のピークを迎えるそうです。

今年はもっとも多く流れ星が見られる極大時刻が14日午前9時頃であり、そこをピークに減少していく見込み。とはいえ、見晴らしがよく空が開けた場所では、同日夜の時間帯でも1時間に数個の流れ星を肉眼で見られると予想されています。

そこで、こんな特別な体験のススメ。

流星群と東京の夜景がコラボ

それは、六本木ヒルズ森タワー屋上で開催される「ふたご座流星群観察会」なるイベント。海抜270メートルに位置する「スカイデッキ」は、オープンエア形式の展望台として都内随一の高さを誇るため、空を遮るものがなく周囲を広く見渡すことができる絶好の観察場所。そんな特別なエリアに望遠鏡を設置し、天文の専門家による冬の星座の解説を聞きながら楽しめる、贅沢すぎる星空観察会なんです。

万が一流星群の観測がイマイチだったとしても、眼下に広がるこんな夜景が楽しめるのなら、もはやチャラ?もちろん、両方見れたら言うことなし!

本イベントは、12月14日19:00から。事前申し込みは不要で、開催時間内にスカイデッキに集合すれば、誰でも参加可能です。気になる人は、明るい流れ星に期待して、防寒対策万全で六本木ヒルズへ。

【概要】
ふたご座流星群観察会
・日時:2016年12月14日(水)19:00~22:00(21:30最終入場)
・場所:六本木ヒルズ森タワー屋上「スカイデッキ」
・料金:無料 ※ただし、スカイデッキまでの入場料(一般2,300円)が必要
・参加方法:開催時間内に「スカイデッキ」にお越しください。 ※雨天・荒天により中止となる場合あり

Licensed material used with permission by 六本木ヒルズ

関連する記事

冬は空気が澄んで、夜空がとても美しい季節。なかでも「ふたご座流星群」は、観測できる流星の多さや、肉眼でも観えるほどの明るさで人気を集めています。それではさ...
夜空に、今年ラストから2番目の流星群が訪れるのは12月13日。「ふたご座流星群」。極大は14日の16時頃。明るくてこの時間には見えないけれど、日本ではAM...
久しぶりに、大きな流星群が訪れます。
ペルセウス座流星群は、比較的観測しやすい流星群としても知られており、しぶんぎ座流星群(1月)や、ふたご座流星群(2月)と並ぶ「三大流星群」の一つ。8月13...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
しし座流星群は一気に出現率が下がり、1時間あたり数個~10個程度まで落ち込んでいた近年。もうすぐ出番の季節ですが、今年の予想は?「流星電波観測国際プロジェ...
みずがめ座δ流星群は、流れ星の数はそれほど多くはないものの、強い光でゆっくりと尾を引く比較的見やすい流星群。今年はかなりの好条件が揃っています。一番のピー...
三大流星群のひとつである、ペルセウス座流星群。条件が良ければ、最大で40個以上見えることもあるそうです。一番の見頃は、8月12日の夜半頃から13日の明け方...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
冬の夜空っていいですよね。お正月に実家へ帰ったとき「あれ、こんなに星きれいだったっけ?」なんて思うことがよくあります。寒いからもう部屋に入ろうって思っても...
この頃は、頬にあたる風も冷たくなり、一段と寒くなってきました。気温が下がり、大気の水蒸気の量が少なくなると、空気が澄んで、遠くの景色や、夜空の星が見えやす...
。2018年初の流星群「しぶんぎ流星群」が、訪れる日だから。『流星電波観測国際プロジェクト』によると、見頃は4日に日付が変わってすぐ、0:00~夜明け!た...
毎年10月後半に見ることのできる、オリオン座流星群。オリオン座流星群は「速くて明るい」初心者でも、比較的見やすい流星群のひとつです。流星群観測は裸眼で観測...
2016年4月22日は「こと座流星群」がピークを迎える日。しかもこの日は満月です。この機会に、ちょっとだけでも夜空を見上げてみては?「国立天文台」によれば...
10月中旬から11月末にかけてはおうし座流星群の観測チャンス。ゆっくりと流れる星が多く、比較的明るい流星(火球)が観測されることで知られています。2015...
七夕の短冊よりも、願いを叶えてくれるものの代名詞といえば流れ星。今年は、7月にもう一度お願いごとをするチャンスが残されているんですよ。7月28日にピークを...
三大流星群の中でも、とくに流星が多く、ほぼ確実に見えると言われている「ペルセウス座流星群」。見逃せませんよね。毎年ピークを迎えるのは、8月12日〜13日あ...
空気が澄んでくる10月ごろから、秋の夜空は次第ににぎやかさを増していきます。天候が多分に左右する天体観測ですが、今秋を占う意味でも、まずは10月8日の夜空...
10月から約1ヵ月に渡って出現するオリオン座流星群は、肉眼で観測しやすい初心者向けの流星群。空から無数の星が降り注ぐ光景に、うっとりすること間違いなしです...
GWも後半になると、日常に戻って欲しくない…なんて心の声が聞こえてくるものです。けれど今年のGW最後の土曜日にあたる5月6日は、「みずがめ座流星群」という...
片思い中のみなさん、なかなか話のネタがなくて、どう連絡をしたらいいかわからない今こそ、「もう少しで流星群だよ」と声をかけるチャンス。「ロマンチックだね(笑...
ふたご座ほど、人の興味をそそり、相手をワクワクさせる性格の持ち主は他にいません。女性有名人なら、マリリン・モンロー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・...
なんでも感情的になる人って、少し面倒…。そう感じる人におすすめなのが、物事に執着せず、自由奔放な「ふたご座」です。(5月22日〜6月21日生まれ)ライター...
「Elite Daily」のRebekah Jakobs氏が綴った、ふたご座と付き合うのが楽しい理由という記事が、ズバリ彼らの特徴を言い当てているとアメリ...
「大阪焼肉・ホルモン ふたご」の電源があればすぐに始められる「勝手にお家で焼肉ふたご」。限定1000セットで限定販売開始。
男性のみなさん、あなたの彼女は何座ですか?もし「ふたご座」なら、決して手放してはいけませんよ。その理由を、ライターArianna Jeret氏が「Your...
12月4日(月)の満月は、「スーパームーン」。月が地球に近づくタイミングと満月が重なって、通常よりも大きく見える特別な日なのだ。『国立天文台』によると、満...