元カレからの贈り物。捨てられないなら「失恋マーケット」へ。

「彼氏の家に行ったら、明らかに元カノ用に買ったんだろうなってぬいぐるみが置いてあってさ。ふつう、新しい彼女を家に呼ぶなら、捨てるか隠すかどうにかしない!?」

鼻息を荒くした友人から、こんな怒りの電話がかかってきたことがある。乙女心は、繊細で複雑だ。そんなに怒らなくても……と思ったものの、たしかに物が『クマのぬいぐるみ』というのは……ちょっと気を抜きすぎではないか、彼氏よ。

しかし、<元恋人との思い出の品をどう処理するべきか>という問題が出されたとき、なにが模範解答なのだろう。それがどんな物であっても、想いと一緒に捨ててしまう人もいるし、ただの思い出として、そのままにしている人もいる。

でも実際、恋人がいつまでもソレを持っていて、嬉しいと思う人はいないだろう。

行き場に困った「愛の証」
捨てられないならリサイクル

Photo by Facebook

新たな居場所、用意しますよ。と提案したのは、ベトナムの『Heartbreak Market』。

ここに売られているものは全部、誰かの思い出の品。誕生日に高価なものをもらったけれど、もう自分では使えない。かと言って、壊れてもいないのに捨てるのはちょっと……別れたあとは、こんな悩みが物の数だけある。それと一つひとつ向き合うのは、精神的にツライものだ。

使えるものは再利用したほうがいいし、ずっと持っていることで新しい恋人と気まずくなったり、思い出が蘇って苦しくなるくらいなら、大事に使ってくれる人に渡したほうがいいではないか。

「気持ちごと、綺麗に手放すサポートができたら」。という思いから始まっている。

Photo by Facebook

なんてwinwinなアイデアだろう!という声がある一方で、手紙やアルバムまで出品可能にするのは、当時愛情を込めて送ってくれた人のプライバシーを損害している。という意見もある。

たしかに、顔や名前の分かるものを、勝手に売りに出すのはタブーだ。けれど発案者であるディン・タンは、「このマーケットは傷を癒すセラピー的なサービスだ。手放すという機会をつくることに意味がある」と返答したそう。

う〜ん……それは分かるけれど、話題になっているからこそ、今後そういったものは売るのではなく、手放すだけのブースをつくるなど、改良が必要になってくるだろう。

男女問題は、いつも面倒だ。

Photo by Facebook

話は冒頭の友人に戻るけれど、彼女は「彼がクマのぬいぐるみを持っていたこと」よりも、新しい彼女という自分に対して、「何も考えていないこと」に腹を立てたし、寂しいと思ったのだ。付き合ったからといって、過去にまで首を突っ込みたいワケではない。

過去は過去。だからこそ、「今の彼女がどう思うか」を考えたかどうか。その結果が、ケロッとした顔で(彼女にはそう見えただろう)ベッドに居座り続けている、クマに現れていたのだ。

彼からしたら、「何の未練もないんだからいいじゃん」と思うかもしれない。けれど、そもそも論点は未練の有無ではない。

おわかりいただけるだろうか。物を残しておくことが、悪いことだとは思わない。けれど、新しい恋人にその思想を「理解して」と押し付けたり、物があることで傷つけたりしないように、<管理する責任>が生まれてしまう。

それが面倒だったり、できないのであれば、『Heartbreak Market』は、選択肢のひとつに入れてもいいのかもしれない。

Licensed material used with permission by Heartbreak Market - Chợ Phiên Người Yêu Cũ
他の記事を見る
アメリカの動画メディア「Cut」の人気の「真実かショット」シリーズで、元恋人同士が行う第2弾。別れた理由、今の関係の話、そして将来の話などと、本音で語り合...
ケンカや遠距離など、何らかの事情で別れることになってしまった彼氏や彼女。でも、元カレや元カノが忘れられない。占いやタロットで、元カレや元カノとの相性が抜群...
元カレ元カノに、街でばったり。あまりに突然すぎてうまく振る舞えず、あのときなんであんなことを言ってしまったんだろう…と後悔したことがある人も多いはず。そん...
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
花粉症の季節のヨーグルト図鑑。60秒で読めるヨーグル・レコメンド付き!
別れた元彼が「友達でいよう」と言ってきたら、あなたはどうする?簡単に「YES」と言うことを考え直すことをオススメしたい理由がある。オークランド大学の研究結...
比べても仕方がない、と頭ではわかっていても「彼氏ってなんで元カノと別れたのかな、復縁したらどうしよう」「私と元カノどっちのほうが好きなのかな、どうしたら私...
元カレからメールがきた。元カレが夢に出てきた。遠距離で仕方なく別れたけれど、どうしても彼氏を諦めきれない。やっぱり友達関係じゃ満足できない。色んな理由で、...
彼氏と別れた直後って、意外と実感がわかないのは私だけではないはず。少し時間が経ってから、仕事が終わったあとに無意識に連絡しようとしてしまったり、日常の中に...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
お店に元カレもしくは元カノの写真を持っていき、シュレッダーにかけて切り刻んだら、バッファローウィングがタダになるクーポンをもらえます。
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
元カレ(元カノ)とよりを戻すこと自体、アリかなしかの議論はさておき。たいがい、うまくいかきそうで結局は、いい結果が得られないのがこの「よりを戻す」だと思う...
大好きだったはずの彼と別れたとき、みっともなくて追いすがるような真似はしたくないけど、本当は聞きたいことっていっぱいありますよね。嫌いになってない場合は、...
「シドニー・フィッシュ・マーケット」は近年老朽化が進み、デンマークの建築デザイン事務所「3XN」の設計図を基に建て直しが決まりました。
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
「元カレから誕生日カードが届いた!私じゃなくて、愛犬宛てに…」テキサスに住む女性のもとに、ある日、元恋人から手紙が届きました。ただしそれは、彼女宛てではな...
記憶と五感を結びつけると、最初になくなるのは「聴覚に残された記憶」からだってよく言われている。そして、一番記憶に残りやすいのは「匂い」。今日みんなに聞いて...
カレとの距離を縮める一番のコツは非日常的な環境に身を置くこと。つまり一緒に旅に出ることです。「Elite Daily」ライターのRachel Shatto...
人は、覚えているいないにかかわらず、ほぼ毎日夢を見ています。夢は現実であったことを整理するために見るものだとか、そのときの心身の状態を表すと言われますが、...
1年なんてあっという間だから、楽しいイベントは少しでも多い方がいい!ちなみに2018年のイースターは「4月1日」ですよ。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...