宮城の酒造が作る、再起の灯火。丸森産コシヒカリを使ったライスワイン「LUCE」

東日本大震災で大きな被害を受けた、宮城県・閖上地区に店を構えていた「佐々木酒造店」が、8年半の時を経て酒蔵を再建したわずか11日後、台風19号が宮城県・丸森町を襲い、町に甚大な被害を与えた。

丸森町産業活性化法人「株式会社GM7」は、幾多の災害を乗り越え、ふたつの町の復興の光になれるよう佐々木酒造店とタッグを組み、各町の特徴を活かしたライスワイン「LUCE(ルーチェ)」を開発。

素材には、2018年10月に誕生した、食味85点、整粒歩合80%という高い品質を誇る丸森町産コシヒカリ「いざ初陣」を使用。酒の命である仕込み水には、セリの産地として名高い宮城県・余田地区に流れる清らかな名取川の伏流水を用い、お米の旨味と甘味を活かす佐々木酒造店の独自の製法によって生み出されている。

LUCEとはイタリア語で“光”。この光が閖上と丸森、仙南地域の魅力を照らし、再起の灯火になるようにという意味と、地域を愛する気持ちが込められた一品は、爽やかでフルーティな香りを放ち、口に含めば、軽やかな採れたての果実をかじったような瑞々しさと共に「いざ初陣」の米の旨味と独特の酸味が絶妙なバランスで口の中いっぱいに広がるという。

奇しくも「復興」という言葉でつながってしまったふたつの地域。彼らの熱い想いは、どのような相乗効果を生み出すのだろうか。

©2020 株式会社パソナグループ

『LUCE』

【公式ホームページ】http://rice-wine.jp/

Top image: © 2020 株式会社パソナグループ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...

人気の記事

京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
1990年前後に生まれたミレニアルズ陶芸家3人によるグループ展「仮想世代陶芸 Virtual generation pottery」
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...