宮城の酒造が作る、再起の灯火。丸森産コシヒカリを使ったライスワイン「LUCE」

東日本大震災で大きな被害を受けた、宮城県・閖上地区に店を構えていた「佐々木酒造店」が、8年半の時を経て酒蔵を再建したわずか11日後、台風19号が宮城県・丸森町を襲い、町に甚大な被害を与えた。

丸森町産業活性化法人「株式会社GM7」は、幾多の災害を乗り越え、ふたつの町の復興の光になれるよう佐々木酒造店とタッグを組み、各町の特徴を活かしたライスワイン「LUCE(ルーチェ)」を開発。

素材には、2018年10月に誕生した、食味85点、整粒歩合80%という高い品質を誇る丸森町産コシヒカリ「いざ初陣」を使用。酒の命である仕込み水には、セリの産地として名高い宮城県・余田地区に流れる清らかな名取川の伏流水を用い、お米の旨味と甘味を活かす佐々木酒造店の独自の製法によって生み出されている。

LUCEとはイタリア語で“光”。この光が閖上と丸森、仙南地域の魅力を照らし、再起の灯火になるようにという意味と、地域を愛する気持ちが込められた一品は、爽やかでフルーティな香りを放ち、口に含めば、軽やかな採れたての果実をかじったような瑞々しさと共に「いざ初陣」の米の旨味と独特の酸味が絶妙なバランスで口の中いっぱいに広がるという。

奇しくも「復興」という言葉でつながってしまったふたつの地域。彼らの熱い想いは、どのような相乗効果を生み出すのだろうか。

©2020 株式会社パソナグループ

『LUCE』

【公式ホームページ】http://rice-wine.jp/

Top image: © 2020 株式会社パソナグループ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
佐賀県の「小松酒造」がつくる飲むみりん「のみりんこ」は、ブルーチーズとの相性も抜群でワイン好きにもおすすめだ。トロリと濃厚でありながら日本酒に通ずる芳醇な...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
シェフ、マーケター、科学者のチームで食の生産者のリブランディングをおこなうスタートアップ企業、dot science株式会社は、日本の伝統食・餅をUP D...
「HAPS(High Altitude Platform Station)」と呼ばれる空飛ぶインターネット基地局がナイロビ上空を飛行中。「Alphabet...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
以前は友だちとのテキストメッセージが息抜きだったのに、最近面倒になって後回し…。そこには「今」の世情が関係していた!
5月、緊急事態宣言中、UberEatsで月収100万円。こんなウソみたいなことを成し遂げたのが、大村達郎という人物だ。メディアにも出演しない彼にたくさんの...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。