絶滅寸前の製法で作った宮城の「餅」が、伝統食の常識を覆す

選び抜かれた素材、繊細な火入れ、感覚を研ぎ澄ませた蒸かし。非効率を愛し、究極を追求する、クラフツマンシップに溢れた宮城のお餅メーカー「笠原餅店」。彼らは、天皇家や貴族が祝いの席で食したかつての究極の味を、いまだに探求し続けている。

そんな彼らの作るお餅が、「THE OMOCHI」と名付けられ、シェフ、マーケター、科学者のチームで食の生産者のリブランディングをおこなうスタートアップ企業「dot science」によって新たに発売される。商品名には、本物の美味い餅、そんな意味が込められているそうだ。

笠原餅店では、いまでは絶滅寸前な製法である「釜戸と薪火」で蒸した餅米から、究極のお餅づくりに挑戦している。この商品の目標は、じつはそうした美味い餅づくりを次代に継承すること。職人技に価値をつけ、職人が持続する価格で、本当に美味い餅を届けることが、最大のミッションだ。

また、THE OMOCHIでは、究極のお餅を媒介に、シェフやパティシエ、フードコーディネーターと共に、「高級餅ならではの食べ方」や、「お餅の可能性を更新する新しい食べ方」を開発。「お餅のシナモンハニーバター」、「卵黄醤油漬け」、「お餅のキャビアのせ」、「オリーブオイルと塩」など、ワインと合わせたくなる食べ方や、スイーツとしてのアレンジなど、オリジナルレシピを発表している。

ベースのお餅のラインナップは「プレーン、玄米、海老、くるみ、豆」の5種。創業60年余りの餅店「笠原餅店」謹製の、釜戸と薪火でつくる唯一無二の切り餅。一番古くて一番美味しい作り方で作ったお餅の味が、とにかく気になる!

©2019 dot science株式会社
©2019 dot science株式会社
©2019 dot science株式会社
©2019 dot science株式会社

THE OMOCHI

【公式サイト】https://theomochi.com/

Top image: © 2019 dot science株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?大自然の中に放し飼いにされているのは、おな...
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
「あけがらし」は、山形県長井市の老舗醸造所の「山一醤油」の女性だけに製法が伝わる、秘伝の食べ物。かつては男衆に見つからないよう、みなが寝静まった深夜に一族...
いま発酵食品が見直されているのは、漬物や酒粕などに含まれる乳酸菌が、日本人の腸にとってもやさしい働きをしてくれるから。こうした日本食文化の知恵がつまった、...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったものです...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
福井県から京都まで続く「若狭街道」は、古代から朝廷に食材を届けるための道として、多くの行商人たちが行き来した古道。そこで福井では、日持ちをさせるために数多...
テヘランとエスファハーンで行われているフードツアー、「Persian food tours」。市場などをまわったり、料理を作ったり。いつかイランを訪れた日...