究極の食感!山梨県だけで買える「水信玄餅」の正体とは?

信玄餅といえば、山梨県の代表銘菓。求肥加工した餅に、きな粉と黒蜜をかけて楊枝で食べるスタイルは、多くの日本人に愛されています。

しかし「水信玄餅」となると話は別。きっと、まだ口にしたことがない人も多いのではないでしょうか。それもそのはず、実はコレ、かなりのレア商品なのです。

unnamed (1)_R

製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。白州町はミネラルウォーター「南アルプス天然水」の採水地としても知られており、この名水を寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。

販売をスタートした2013年から2017年まで、だいたい6月上旬から9月末までの土日限定の取り扱いだったこともあり(祝日販売はナシ)、その希少価値は窺い知れるところ。

unnamed_R111111

寒天で固めるとはいえ、使用される量はごくわずか。そうして固体と液体の中間のような食感を実現しているのです。ただ柔らかいだけではなく、寒天独特のハリも維持。その状態は「ぎりぎり形を留めている」と言っていいでしょう。

さらに驚きなのは、運搬や日保ちといった一般的に考慮されるべき販売条件を一切考慮せずに作られていることです。限界を遥かに超えた水分を含ませているため、常温にさらすと30分ほどでしぼんでしまうことに。持ち帰りや予約はできず、お店に行かないと決して食べることはできません。

unnamed (2)_R

販売店は金精軒本店と韮崎店の二店舗のみ。つまり、山梨県でしか食べられない“幻の信玄餅”というわけ。

その繊細さゆえ、効率的に大量生産を行う方法はなく、午前中に完売してしまう場合がほとんど。特に長期連休などでは、11時に来店したとしても食べられないこともあるそうです。

Licensed material used with permission by 金精軒製菓株式会社

おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
あんみつに添えたり、あんこやみたらしで食べたりと、和スイーツに欠かせないのが「白玉」。もちもちの食感とほどよい甘みが好き、という人も多いはず。そんな白玉を...
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。
都心部から1時間半ほど車を走らせたところにある山梨県笛吹市芦川町。ここは、人口400人のうち50%以上が65歳以上という「限界集落」です。遊ぶ場所がない。...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
台湾のヘルシーな朝食、おかゆや豆漿(ドウジャン)はもう定番中の定番。ですがここへきて最近、健康意識の高い人たちや若い女性を中心に、朝のチョイスに変化がある...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、都内の桜餅の名...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた神奈川・小田原市の名産「ほととぎす巻」。落花生...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...