無農薬ホップで作られた「最高に香りがいい」クラフトビールを。

かつて「ビールづくりは農業である」と主張し、味を訴求する広告を見たことがありました。そのとき「素材の良さをアピールした、いい広告だなぁ」と思ったのですが、つい最近、リアルにそれを実践している農家がある、という情報を掴んだのです。

その農家では、自分の畑で無農薬のホップをつくり、それをどっさり入れたクラフトビールを手がけているのだそう。その名も「宇宙農民」。山梨県北杜市で、自然栽培で農業をしている団体です。

農家である彼らは、なぜクラフトビールをつくり始めたのでしょうか。

ポートランドで
運命の出会い。

きっかけは、「宇宙農民」のみなさんが、ポートランドに訪れたときのこと。ふらっと立ち寄ったバーで、これまで嗅いだことがないほど良い香りのビールを味わった。それがまさに、ホップの香りでした。「宇宙農民」の楠瀬正紘さんは、ストレートにこう思ったのだそう。

「この植物を育てたい!そのホップをそのままどっさり入れたビールは最高にうまいはず!」

無農薬ホップの栽培
そしてビールづくりへ

楠瀬さんは、実際にアメリカからホップの苗を取り寄せ、栽培に着手。奇跡的に、北杜市は日本でホップを栽培する地のひとつでもありました。

「宇宙農民」のこだわりでもあるオーガニック農業においても、周囲からは困難と言われつつ、見事、無農薬のホップの収穫に成功。

「ホップの中にルプリンという粒が入っていて、香りの元になっています。これ、ものすっごく良い匂いなんです。これをどっさり入れて、ビールを作りたいんです」

もうこれだけで、確実においしい。実際に、有名な蔵元と共同で、「宇宙IPA」「宇宙GOLD」「BIG BANG IPA」という、3種類の個性的なビールをつくりました。

※画像はイメージです

2017年2月には、本格的にクラフトビール事業を行うための宇宙カンパニー合同会社を設立。DIYで自分たちの拠点施設を建てた経験があったため、醸造所も自分たちでつくることに。

そして現在「宇宙農民」では、醸造所と最低限の設備についての工事を進めていますが、ビール醸造にかかる設備の価格が高いため、クラウドファンディングを実施。支援は3,000円からで、ボトルビールやグラスなどが用意されています。

素材の栽培から製造まで、一貫して農家が手がけるクラフトビール。宇宙まで飛んでいきそうな香りを、ぜひ。

Licensed material used with permission by CAMPFIRE
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
2017年11月、取材のため岩手県遠野市を訪れた。実は昔からの友人が遠野に移住し、この土地でクラフトビールをつくることになったのだが、彼らの取り組みの経緯...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
世界一のおつまみは高額でした。スウェーデンのビールメーカーがコスト度外視で作った超贅沢ポテチは高価だけれどその分味わいもピカイチ。包装も高級感たっぷり。特...
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...