キツネ100匹放し飼い!「宮城蔵王キツネ村」で癒されたい・・・

「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?

大自然の中に放し飼いにされているのは、おなじみのキタキツネはもちろん、銀ギツネや青ギツネ、プラチナギツネなどを含む計6種類。なかなか見る機会のない彼らですが、改めて顔を眺めるとその可愛さに癒されちゃう!

抱っこもOK!
キツネと触れ合える“穴場”

スクリーンショット 2015-12-27 15.48.01

キツネは夜行性の動物なので、昼間は基本的に眠たそう…。でも、その表情がかえってキュートなんです♪

スクリーンショット 2015-12-27 15.48.25スクリーンショット 2015-12-27 15.48.14一度こちらに顔を向けるけれど、エサを持っていないと悟るとそっぽを向くのだとか(笑)。そんなマイペースさも◎

スクリーンショット 2015-12-27 15.48.38

もふもふ、ふわふわ!やっぱり雪が似合います。

スクリーンショット 2015-12-27 15.48.46

それにしても、こんなに間近で眺めるチャンスってなかなかないですよね。しかも、園内では抱っこだって可能!「後ろからついてくる」「衣服を引っ張る」といった知られざる生体だって観察できる模様です。

他にもウサギやヤギ、フェレットなどの動物と触れ合える、宮城蔵王キツネ村。年中無休で営業中のようなので、冬休みに近くに行く人はぜひ立ち寄ってみては?

【概要】
宮城蔵王キツネ村
・住所:宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3
・営業時間:9:00〜17:00 ※2017年3月19日までは16:00閉園。年中無休
・入場料金:中学生以上1,000円、小学生以下無料

Licensed material used with permission by ryoflat1983koishidawhitebluecat

野生のキツネといえば、ドラマ『北の国から』だ。あの不朽の名作の復活を望む人は多いと想う。そして、キツネを見ると名シーンを頭に浮かべながら、「ルールルルル」...
最初は警戒して威嚇をされまくり、近づくことも許してくれなかったキツネのFreyaが、撮影の回数を重ねていくたびに少しずつ心を開いてくれるようになる。その様...
キツネのAylaは、毛皮農場に生まれました。生まれたときから、毛皮になることが決まっていた彼女は、いずれは人間のコートの一部になる運命だったそうです。しか...
表情豊かな人って、一緒にいて楽しいし魅力的。それってキツネにもあてはまるようですよ。Juniperちゃんのインスタグラムアカウント、フォロワーは68万7,...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
欧米では、昔から「赤毛」がネガティブのイメージで捉われていました。たとえばキリスト教ではイエスを裏切ったユダは赤毛ということにされていたり、童話などにおい...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
人にはそれぞれソウルアニマルがあると言われています。それを知ることで、心の中に潜んでいる感情はもちろん、潜在的な性格と恋愛観も知ることが。ネコ、キツネ、パ...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...