工事現場のかわいい「ガード」は、復興支援にも役立っていた

街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?

工事現場と「カワイイ」は不似合いなような気もしますが、心和むのも事実。このキュートなガードなどの販売会社である「仙台銘板」東京営業所の大谷氏に話を伺いました。

誕生のきっかけは
旭山動物園だった

「今から12年ほど前、北海道の旭山動物園が東京の上野動物園の入場者数を抜いて全国1位になったんです。でも、旭川の街の中に動物がいるわけではないし、駅や空港にも動物園のムードがない。つまり、動物園に行くまで、動物園を思わせるものが何もなかったんです。ならば、工事現場のイメージアップも兼ねて、現場で使われる“単管バリケード”を動物型にしてみよう、という案が持ち上がりました」

 

こうして生まれたのが、サルをモチーフにした「サルガード」なのだそうです。

ご当地ゆかりの動物や
人気のアニメキャラまで

するとこれが、現場からも一般の人からも大変好評で、その約2年後には「カエルガード」が登場。北海道のみで使われていたアニマルガードシリーズはどんどん全国に広まっていきました。

現場での一般車ユーザーからの不満の声が少なくなったり、工事現場で写真を撮る親子のエピソードが報告されたりと、実際に現場の雰囲気を和らげることにも貢献しているのだそう。

さらに、動物型にすることによって遠くからの視認性をアップするという、安全面のメリットもあるのだとか。

そんなアニマルガードは、沖縄のシーサー型などのご当地限定モノや、冒頭で触れたキティちゃん型のほか、人気漫画『ワンピース』のキャラクターであるチョッパー型のものも加わり、今では約25種類にまで増えているそうです。

実はストラップになって
復興支援にも貢献

仙台に本社を構える「仙台銘板」は、工事現場で使われる保安用品の会社として全国1位のシェアを誇る企業。仙台発の会社として、全国的な人気を誇る「アニマルガード」をストラップにして販売し、東日本大震災の復興支援にも貢献しています。

「『アニマルガードが自宅にほしい』という声をいただくことが何度かあったんです。でも家に現物を置くと邪魔になってしまうので、ストラップを作ることになりました。ちょうどその頃に東日本大震災が起きたこともあり、アニマルガード9種類のストラップの売上げの全額を被災地に送ることになったんです。宮城県や東北の皆様には、本当にお世話になっていますから」

街行く人たちを和ませている動物たちは、震災の被災者を応援する存在にもなっているんですね! かわいい「アニマルガード」たちは、これからも一層みんなに癒やしを与えてくれそうですね。

Licensed material used with permission by 株式会社仙台銘板

関連する記事

宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
“杭を打ち込む”。これは工事現場ではよくある光景。大抵一人でやるものですが、ここで紹介するのはちょっと違います。キン・カ・キン・キン息の合った絶妙なチーム...
サンフランシスコ市長London Breed氏は、経済復興政策の一環としてアーティストに対する「ベーシックインカム」プログラムの開始を発表した。
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
毎日アプリを開いてチャットする日々に疲れた人のための、“木曜日限定”の新感覚デーティングアプリが開発中。
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
サッポロビールが取り組む「ほっとけないどう」プロジェクトの一環として、札幌市の常設BARでスタートした「カンパイ・ファンディング」。乾杯分の売り上げの一部...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
季節のフルーツ、それも地元産を使ったカラフルで見た目もかわいい「アレンジドリンク」。国宝「犬山城」をいだく愛知県犬山市。現存する日本最古の天守閣と、歴史を...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
不要となった本、CD、DVDなどを買取、その金額を全額寄付に回す「ブックオフ」の取り組み「キモチと。」が、首里城復興・再建に向けた寄付ができる取り組みを開...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
ライスワイン「LUCE」は、宮城県名取市閖上地区にある「佐々木酒造店」と宮城県丸森町を拠点とする「地域商社GM7」が、震災、台風など幾多の災害を乗り越え、...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
「クワンソウ」という伝統野菜から作るお茶には、寝つきが良くないときに飲むと、不思議と安眠が得られるとして沖縄では古く琉球王朝時代から飲まれていた。現在も今...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。