タイの工事現場で発見された「集団人間トンカチ」が、かっこ良すぎる

タイで撮影された超古典的な建築方法・・・、杭の上に大勢で乗り、リズムに合わせて踏み込む。とてもアナログなやり方なんだけど、そのリズムがかっこ良すぎる!

 

 

「人間トンカチ」とでも呼べば良いのだろうか?工事現場の作業員さんたちの息は一糸乱れずピッタリ。皆のリズムを合わせる為にいる、タンバリン役の男性が渋すぎ!

Reference:Facebook

タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
“杭を打ち込む”。これは工事現場ではよくある光景。大抵一人でやるものですが、ここで紹介するのはちょっと違います。キン・カ・キン・キン息の合った絶妙なチーム...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
卵の風味を味わいながら、つるんとした喉越しを楽しむ茶碗蒸し。でも、自分で作ろうと思うと、これがなかなかの面倒ゴト。ならばこちらはどうでしょう。蒸し器がなく...
グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。な...
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
甘さを逆手に利用してつくるタイ風の甘々アイスティーのグラニテ(氷菓子)で、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...