【日本人がデザイン】ニューヨークの「一風堂」ユニフォームが、かっこ良すぎ!

「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!

ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに仕上がっている。日本でも「革新者」として「ラーメン屋」の概念を問い続けてきた攻めの姿勢は未だ健在だ。

一風堂がデザインを依頼したのは、1999年ネペンテスのオリジナルブランドとしてスタートしたニューヨークの人気メンズブランド『Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ)』。デザイナーはなんと日本人、鈴木大器氏だ。

今回のユニフォームのデザインに関して、一風堂の中村氏はこう語っている。

「何か、ニューヨークでしか出来ないユニフォームを作りたかったんだ。1番かっこいい制服にしたかった」 - 中村氏

cojjf0uw4dwnwmjcgoqi

eebq5exqnr6wcfgvzp07

h7pxma5ojgqdhdxiijnu

etpxbznpcwxo9gj3u1ks

g3y3gsffbl74malzuqtr

nfxrpu5fgyobh620h47c

umuk4maoopmhkqs2jwcy

wgrogd1x3dpb8hhmyjve

woiw1tsv8gpvihu6tvsh

Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ)』のコレクションは、主にニューヨークで企画から生産が行われ、アメリカントラッド、ミリタリーなどの要素を取り入れた実用的なデザインが人気となっている。日本の会社もあえてアメリカからデザインを発信しており、古き良きアメリカのデザイン、アメリカンクラシックを強く意識している。

2008年、「GQ/CFDAメンズ新人デザイナー賞」で最優秀賞を受賞。記念すべき第1回の受賞ブランドとなった。なお、この賞の受賞により、リーバイスとのコラボレーションを実現。

ネイビーカラーのクールな制服は、着るものの立ち振る舞いをより「職人」らしく、「アーティスト」らしく奮い立たせる。視覚と精神性の両方に訴えかけてくるデザインに、カルチャーの「ニオイ」まで感じる。

これが今後のスタンダードに、なるか?

 

Licensed material used with permission by:Justin Chung

押しも押されもせぬ、とんこつラーメン界の雄「博多一風堂」。その欧州2店舗目となる「パリ店」が、2015年12月末にオープン予定。食の都への進出を記念し、フ...
あこがれの街。
使い古して役に立たなくなった布やボロ切れを使用して作られた衣服「BORO」。装飾的な美しさだけでなく、寒さをしのぐために、丈夫にするためにと、実用性を追い...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
ニューヨークの日本人街であるイーストビレッジにお店を構える「mochii」は、大福の生地で包んだアイスを提供しています。
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
ここで紹介する動画は、ニューヨーク在住の環境活動家でありドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが制作したもの。彼女は、自身の子どもが通っている学校の給食を...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
「海外に住んでみたい」「日本を出て自分を試したい」。みなさんの中にも、世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...