【日本人がデザイン】ニューヨークの「一風堂」ユニフォームが、かっこ良すぎ!

「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!

ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに仕上がっている。日本でも「革新者」として「ラーメン屋」の概念を問い続けてきた攻めの姿勢は未だ健在だ。

一風堂がデザインを依頼したのは、1999年ネペンテスのオリジナルブランドとしてスタートしたニューヨークの人気メンズブランド『Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ)』。デザイナーはなんと日本人、鈴木大器氏だ。

今回のユニフォームのデザインに関して、一風堂の中村氏はこう語っている。

「何か、ニューヨークでしか出来ないユニフォームを作りたかったんだ。1番かっこいい制服にしたかった」 - 中村氏

cojjf0uw4dwnwmjcgoqi

eebq5exqnr6wcfgvzp07

h7pxma5ojgqdhdxiijnu

etpxbznpcwxo9gj3u1ks

g3y3gsffbl74malzuqtr

nfxrpu5fgyobh620h47c

umuk4maoopmhkqs2jwcy

wgrogd1x3dpb8hhmyjve

woiw1tsv8gpvihu6tvsh

Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ)』のコレクションは、主にニューヨークで企画から生産が行われ、アメリカントラッド、ミリタリーなどの要素を取り入れた実用的なデザインが人気となっている。日本の会社もあえてアメリカからデザインを発信しており、古き良きアメリカのデザイン、アメリカンクラシックを強く意識している。

2008年、「GQ/CFDAメンズ新人デザイナー賞」で最優秀賞を受賞。記念すべき第1回の受賞ブランドとなった。なお、この賞の受賞により、リーバイスとのコラボレーションを実現。

ネイビーカラーのクールな制服は、着るものの立ち振る舞いをより「職人」らしく、「アーティスト」らしく奮い立たせる。視覚と精神性の両方に訴えかけてくるデザインに、カルチャーの「ニオイ」まで感じる。

これが今後のスタンダードに、なるか?

 

Licensed material used with permission by:Justin Chung

一風堂カリフォルニア州サンタモニカ店のオープン記念に、「nonnative」がユニフォームをデザインしました。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
押しも押されもせぬ、とんこつラーメン界の雄「博多一風堂」。その欧州2店舗目となる「パリ店」が、2015年12月末にオープン予定。食の都への進出を記念し、フ...
高級大型ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」で夏から提供されているルームサービス「ザ・ペニンシュラ東京 “マイラーメン” by 一風堂」が好評。その名の通り、有...
香港の企業がローンチした「Breakup Tours」はちょっと変わった旅行サービス。ツアーのターゲットはなんと......“失恋した人”。
1985年に福岡で創業した『一風堂』は、今や世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド。より多くの人々により長く愛されるラーメンを作るために...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
あこがれの街。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
今注目の、奄美・徳之島で作られる「国産コーヒー」を一番美味しく飲む方法を紹介。それは現地の空気を感じながら飲むこと。そこに暮らす生き物や人、日常の景色、時...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Vladimir Cauchemarの『Aulos』です。
野球にカーリング、バスケットボール、ラグビー。競技の垣根を越えて依頼が殺到するユニフォームデザイナー・大岩Larry正志さんにインタビュー。
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
使い古して役に立たなくなった布やボロ切れを使用して作られた衣服「BORO」。装飾的な美しさだけでなく、寒さをしのぐために、丈夫にするためにと、実用性を追い...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。